Go Forward

砂田利一教授最終講義のお知らせ

2019年02月28日
明治大学 総合数理学部

砂田利一教授砂田利一教授

2019年3月31日をもちまして、総合数理学部現象数理学科の砂田利一教授が定年退職いたします。つきましては、以下の通り最終講義を開催します。皆様ぜひご参加ください。

日時:2019年3月14日(木)16:30~17:30
場所:明治大学 中野キャンパス 低層棟5階ホール
講義タイトル:「数学の楽しみ」
※聴講無料、申込不要です。

アブストラクト
数学の面白さを特に感じるのは、たとえば由来のまったく異なる三角関数と指数関数が複素数の世界で結びつくことを主張する「オイラーの公式」のように、異なる分野の概念が思いもよらない出会いをするときである。本講義では、リーマン和の一般化を通して、初等整数論に登場するピタゴラス数、アイゼンシュタイン数の漸近挙動が、物質科学の1つの主題である準結晶の理論と邂逅する場面を、歴史を交えながらお見せする。

>>ポスターは こちらをご覧ください。
お問い合わせ先

中野教務事務室(総合数理学部)

03-5343-8040