Go Forward

カリキュラム・授業紹介

ネットワークデザイン学科では、
●情報ネットワークに基づいた様々な社会システムを構築することができる人材
●柔軟な発想で未来社会を支えるネットワークシステムを提案することができる人材
の養成をめざし、以下の力や知識が身につくカリキュラムを展開します。

カリキュラム・授業紹介

クリックすると拡大します

★1 ネットワーク理論

[電力ネットワークの模式図]

現実世界にはさまざまなネットワークが存在します。たとえば、インターネット、スマートグリッド、交通ネットワークなどがあります。この授業では接点と接 点の接続関係に着目したグラフ理論を用いて、ネットワーク最適化の応用分野である最短経路問題などのネットワークモデルを理解します。さらに、適切なモデ ルを用いてネット ワーク解析の応用力を身につけます。

★2 フィールドスタディ

[電力会社の訓練センター]

夏休みの4日間を利用して東京近郊の企業を訪問します。明治大学出身の先輩が、訪問企業の概要や会社でどのような仕事をしているかを説明してくれます。また、仕事をしている職場を見学し、時には写真でしか見たことのない製品を直接見ることができます。この授業は、先輩から大学生活で大切なことのアドバイスを受けることができるだけでなく、自分の将来の姿や職業を考える良い機会になります。

★3 データサイエンス

[データサイエンス手法の模式図]

データサイエンスは、統計科学、人工知能、データ工学、データマイニングなどの複合的な分野であり、様々な形式の大量なデータの中から有用な何かを発見したり、予測モデルを構築したりする技術を取り扱います。また、その技術は、自然科学、工学、金融、ビジネスなどで幅広く活用されています。この授業では、データサイエンスの理論的背景や応用事例について学び、実問題に応用する力をつけることを目標とします。

★4 再生可能エネルギー

[地球に負担をかけない発電として注目される風力発電]

今世界中で注目されている、太陽光や風力などの自然界から生まれる持続可能な再生可能エネルギーはどのように作り出されるのでしょうか。この授業では、再 生可能エネルギーの発電や制御、その運用について学びます。さらに、関連する政策や直面している課題、未来に向けた計画の事例を通じ、再生可能エネルギー への理解を深めます。