Go Forward

明治大学発祥の地

千代田区有楽町にある「明治大学発祥の地」記念碑 説明板 説明板(拡大) 明治大学駿河台キャンパス(2019 年)

明治大学発祥の地記念碑

明治法律学校(後の明治大学)は岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操の三人の創立者によって1881(明治14)年1月17日、麹町区の数寄屋橋の一角(現在の有楽町・数寄屋橋交差点近く)、旧島原藩上屋敷跡に開校しました。
発祥の地記念碑は、明治大学の建学の精神を顕彰し、教育の近代化の道標を明らかにしようと1995年11月2日、東京・有楽町(千代田区有楽町二丁目)に建立しました。

所在地:東京都千代田区有楽町二丁目2
アクセス:有楽町駅より徒歩3分、銀座駅より徒歩1分(いずれも最寄口より)
Google Map https://goo.gl/maps/JLkhNPgGmohzns8Z8
【もう少し詳しく知りたい方に】 発祥の地記念碑コラム

説明板(内容)

かつて外濠川に面したこの付近には、1691年(元禄4年)以来、肥前島原藩(現在の長崎県)などを治めた深溝松平家の上屋敷が置かれていました。

明治維新後、屋敷は、政府の収用を免れて貸し出されることになり、民権結社による演説会などが盛んに催されました。1881年(明治14年)1月17日、若き法律家である岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操は、屋敷の一部を借り受け、同心協力して明治法律学校(明治大学の前身)を開校し、1886年(明治19年)に神田区駿河台南甲賀町(現在の神田駿河台)へ移転するまで、我が国の近代化を担う法曹の育成に努めました。

1995年(平成7年)、同地に「明治大学発祥の地」碑が建立されました。

This area, which once faced the Sotoborigawa River, is the site of the main Edo residence of the Fukozu-Matsudaira clan. The clan ruled the Shimabara Domain in Hizen Province (present-day Nagasaki Prefecture)and other areas from 1691.
After the Meiji Restoration, the residence was saved from government appropriation. It was made available for hire and was a popular venue for campaign speeches and so on by societies calling for freedom and people’s rights.
On January 17, 1881, three young lawyers, Kishimoto Tatsuo, Miyagi Kozo, and Yashiro Misao, in a spirit of cooperation, rented part of the residence to open the Meiji Law School. This was the predecessor to Meiji University.
The School moved to Minamikogacho, Surugadai, Kanda-ku (present-day Kanda Surugadai) in 1886. The founders strived to foster a legal profession that could shoulder the modernization of Japan.
A monument to the birthplace of Meiji University was erected on this site in 1995.