MBA, Meiji Business School

MBA 明治大学ビジネススクール

トヤ ケイコ TOYA Keiko, Ph.D., Professor
職格 専任教授
学位 博士(経営学)
最終学歴 筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業科学専攻博士課程修了
研究業績等 明治大学教員データベース
E-mail i.ktoya◆gmail.com ※◆を@に置き換えてください。

キーワード

※2020年度在外研究のため休講

主な担当講義

マーケティング領域

マーケティング基礎論
サービス・マーケティング
ケース・スタディⅠ(マーケティング)
マーケティング・リサーチ
論文演習Ⅰ
論文演習Ⅱ

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

サービス研究は先進国経済のサービス化、製造業のサービス化の流れの中で、現在もっとも目覚ましく発展し、且つ注目されている分野です。私は金融サービスを中心に実務家兼研究者としてサービス研究に携わってきました。MBAで学ぶ経営学は科学であると同時に実学です。そこでは、一般化された理論をしっかり理解し、その理論を使いこなせるまで現実のケースに当てはめ、フィールドで実践する、そのフィードバックをもって再び理論を研ぎすますことを繰り返します。確かな理論に裏打ちされた科学的マーケティングの実践のため、皆さん、一緒に勉強していきましょう。

経歴

京都大学経済学部を卒業後、都市銀行、コンピュータ会社を経て、1999年コンサルティングファーム㈱マーケティング・エクセレンスを設立。社会人になってから大学に戻り、筑波大学大学院経営・政策科学研究科博士課程企業科学博士(経営学)を取得。同志社大学等を経て、現職。学術会議連携会員、㈱マーケティング・エクセレンス マネージング・ディレクターを兼任。著書:『リテール金融マーケティング』(東洋経済新報社)、『カスタマーセントリックの銀行経営』(金融財政事情)、『隠されてきた銀行の真実』(ファーストプレス社)、『銀行のしくみ』(日本実業出版社)、『窓口・渉外係のための金融マーケティング入門』(近代セールス社)、『マーケティングの基礎と潮流』(八千代出版)、『サービス・マーケティング入門』翻訳(法政大学出版局)。

【コラム掲載】経済のサービス化の意味 —求められるモノからコトへの構造転換—