グローバル・ビジネス
研究科 (MBA)

在学生向け

修了生・一般・企業様向け

研究科概要・修了要件等~明治大学の国際認証MBA~

MBS(明治大学ビジネススクール)



設置形態  専門職大学院
名  称  グローバル・ビジネス研究科 
 グローバル・ビジネス専攻
課  程  専門職学位課程
学位名称  経営管理修士(専門職)
学生定員  入学定員80名、収容定員160名
授業時間  平日夜間 及び 土曜日昼間・夜間
修業年限  2年
修了要件  46単位以上の修得及び
 修士論文(専門職成果報告書)
履修上限  36単位(1年間)

MBSの理念と目的

本研究科のミッションは、日本経済・社会のダイナミズムの高揚のため、専門的な知識・スキル、広い視野、リーダーシップ及び高度な倫理感覚を備えた次のようなビジネス・プロフェッショナル人材を養成することにある。

・ファミリービジネス発展のための経営者,後継者及びサポート人材
・新規事業や第二創業を含むスタートアップビジネス及びイノベーションを担う人材
・アジアを中心としたグローバルな視点を持つジェネラルマネージャー。すなわち、企業の経営者や上級幹部、後継者、新規事業の担い手をはじめ、様々な組織においてリーダーシップを発揮できる人材

 そのために、個人の価値創造力を向上させるとともに、それを発揮できる場所(学生と教員の共創の場、学生の実務と理論の自主的な学びの場、キャリアチェンジの場及びビジネスマッチングの場)を提供する。

MBSの国際化活動

MBSでは国際機関から認証を受けた高水準のMBA教育を提供しています。国際認証を得たことで以下のような活動を積極的に推進していくことが可能となります。

海外のトップレベルのビジネススクールとの提携を加速させ、海外研修などこれまで以上に多様なカリキュラムの提供
・経営系大学・大学院の国際団体での交流を強化し、最先端の研究・知識をMBA教育へ応用

国際認証機関EFMDのEPAS認証を取得



MBSは、経営系大学・大学院の国際認証機関EFMD(本部:ベルギー・ブリュッセル)からEPAS認証を日本で初めて獲得しました。MBSで提供するMBAカリキュラムが国際基準に照らして評価されたことによるものです。
⇒詳細はこちら (←クリック)

EFMDホームページ:https://www.efmd.org/
AAPBS(Association of Asia-Pacific Business Schools)に正会員として加盟



AAPBS(本部:韓国・ソウル)はアジア太平洋地域における経営系大学・大学院・団体から組織され、定期的な会合通して会員相互の発展、情報交換図っています。MBSは長年にわたり正会員としてAAPBSに参加し、国際標準のMBA教育提供のため交流に努めています。
⇒詳細はこちら (←クリック)

AAPBSホームページ:http://www.aapbs.org/index.html

アクセス・授業時間帯

駿河台キャンパスへのアクセス



MBSは明治大学駿河台キャンパスアカデミーコモン内で授業を行っており、JR・各線御茶ノ水駅から徒歩5分に立地しています。丸の内、新宿などのオフィス街からのアクセスは抜群です。
授業時間帯は平日夜間・土曜日
MBSでは平日夜間と土曜日を中心に授業を展開しています。平日の授業開始時間を他のビジネススクールよりも遅めに設定することで仕事終わりの方も通学しやすくなっています。

≪平日夜間(90分授業)≫

時限 時間帯
6限 18:55~20:25
7限 20:30~22:00
≪土曜日(100分授業)≫
時限 時間帯
1限 9:00~10:40
2限 10:50~12:30
3限 13:30~15:10
4限 15:20~17:00
5限 17:10~18:50
6限 19:00~20:40

入学時期

 グローバル・ビジネス研究科では、4月入学9月入学を実施しています。
 入学試験等の詳細は、左側メニューの「入試情報」よりご覧ください。

募集人員 80名(Ⅰ期・Ⅱ期・秋季の合計)
入学時期 4月入学 9月入学
入試時期
【Ⅰ期入試】
入学年の前年の11月
【Ⅱ期入試】
入学年の2月
【秋季入試】
入学年の7月

カリキュラムについて

5つの必修科目群
MBA取得に必要な主要5科目を必修とし、基礎知識の底上げを図ります。
 ファイナンス基礎論、 アカウンティング基礎論、 マネジメント基礎論
マーケティング基礎論、 グローバル・ビジネス・スタディ(英語科目)
⇒カリキュラム体系の詳細はこちら (←クリック)

6つの専門領域に属する多様な科目の中から目的に合わせて履修可能
必修5科目、2年次の論文演習Ⅰ・Ⅱ(ゼミ)以外は、ご自身の目的に合わせて自由に履修することができます。
1つの領域に特化して履修したり、領域横断的に履修することも可能。
ファイナンス領域、 アカウンティング領域、 マネジメント領域
マーケティング領域、 リアルエステート(不動産)領域、 ビジネス・ロー領域(2018年度新設)
≪領域横断型履修モデル≫クラスター(科目群)
6つの専門領域という概念に加え、分野横断的な履修モデルである「クラスター」という概念を導入しています。現在、「ファミリービジネス」「スタートアップビジネス」の2つのクラスターがあります。
これらの特定分野に関する知識を複数の専門領域にまたがって横断的に履修することで、これらの特定分野に興味を持つ研究者・学生・修了生らが総合的に議論する場を提供しています。専門領域にとらわれず、幅広い知識・人脈を得ることが可能です。

⇒領域・クラスターの詳細はこちら (←クリック)

演習形式の授業を多用

・理論や事例(ケース・スタディ)などをバランスよく学べます。
・ディスカッションや発表などの双方向性授業により、実践スキルを醸成します。

企業等派遣制度・科目等履修(単科生)制度

企業等派遣制度
・毎年、人材育成目的で数名の方が企業派遣にて、MBSへ通われています。
企業等派遣制度についての詳細は、以下のページか専門職大学院事務室(03-3296-2398)までお問い合わせください。

⇒企業等制度の詳細はこちら(←クリック)

科目等履修制度(単科生)~1科目から始めるMBS~
・1科目から本研究科の科目を受講できる科目等履修制度があります。
・正規生での入学前に受講するケースや、正規生修了後の学び直しや正規生で履修できなかった科目を受講するケースがあります。

≪入学前での活用≫
・MBSでの実際の授業を体験したうえで入学を検討することができます。
・修得した単位は、本研究科入学後、最大10単位(5科目)まで既修得単位として認定できます。
 これにより、入学後の学習計画に余裕が生まれるばかりでなく、入学前の事前準備として活用いただけます。

≪MBS修了生の特典≫
・本研究科では、生涯にわたってMBS修了生のキャリア開発を支援するために、修了生の科目等履修生としての受講料を通常受講料の約半額(1科目36,000円)に設定しています。

⇒科目等履修制度の詳細はこちら (←クリック)

修了要件

 1.本研究科において原則として2年以上在学し、46単位以上を修得しなければなりません。
   → グローバル・ビジネス研究科の科目は全て、1科目2単位です。
 2.指導教員による必要な専門職指導を受けた上で、修士論文(専門職成果報告書)を作成しなければなりません。
 3.1年間に履修できる単位数の上限は、36単位とします。
 4.必修科目10単位を必修とします。
 5.指導教員を1年目の最後に決定し、「論文演習Ⅰ・Ⅱ」は2年目に履修し修得しなければなりません。




問い合わせ先

教務事務部 専門職大学院事務室
グローバル・ビジネス研究科 (ビジネススクール/MBA)
駿河台キャンパス アカデミーコモン10階
 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
 電話 03-3296-2397~8

事務取扱時間
 月~金 15:00~21:00  土 12:30~18:00

※夏季期間や年末年始等は事務取扱時間が異なる場合がございます。「ニュース」にご注意ください。

E-mail:guroken@mics.meiji.ac.jp

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.