Meiji Business School

明治大学ビジネススクール

グローバル・ビジネス
研究科 (MBA)

【MBS】第40回「企業活動と不動産基礎セミナー」のご案内

2019年11月05日
明治大学 ビジネススクール

 明治大学ビジネススクール(MBS)では,複雑に進化していく日本の不動産ビジネスの最前線についての知識を共有し、不動産と影響し合う他のビジネス分野についての理解を深めるために、実業界と大学のコミュニケーションの場として 現在まで、約10年にわたり、「企業活動と不動産 基礎セミナー」を開催してきています。
 テーマとしては、企業活動における財務・会計、マーケティング、人材育成、法務、税務、立地戦略、M&A、アウトソーシング、事業承継等の経営課題と、オフィス、住宅をはじめ商業施設、物流施設、老人ホーム、病院などの 「事業用不動産」等、様々な不動産の側面との関わりについて取り上げてきました。最近では、「ESG投資」「不動産市況」、「不動産テック」、「所有者不明土地問題」、「不動産プロフェッショナルのキャリア形成」など、現在の旬の話題やベーシックなテーマを取り上げました。

今回は、以下の要領で実施します。
  日時:令和1年11月27日(水)18:30~21:00
  会場:明治大学駿河台アカデミーコモン9F 309B教室
 https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
(参加無料ですが、受付でお名刺を一枚お渡しください。よろしくお願いします。)
MBSのHPにも近々アップされます。

(テーマ1)『不動産評価とデータ連携』
講師:一般財団法人日本不動産研究所 研究部 REA-Tech研究開発グループ 浅尾 輝樹 様
内容: GIS(地理情報システム:デジタル地図)の評価への利用、ビッグデータの機械学習による分析、およびコストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した3次元の建物のデジタルモデルであるBIM(Building Information Modeling)等を例としてとり上げ、不動産評価が不動産テックとどう関わろうとしているのか、どのような貢献ができるのか、将来の連携のあり方を提案していただきます。

(テーマ2)『土壌汚染地の不動産鑑定評価とESG・SDGs』
講師 明治大学ビジネススクール 兼任講師/大和不動産鑑定㈱エグゼクティブフェロー  村木信爾
内容: 不動産鑑定評価において、土壌汚染は価格への影響を明確に認識することが難しい土地の価格形成要因です。
本セミナーでは、近年の不動産鑑定評価基準の改正や土壌汚染対策法の改正にを踏まえた、評価のプロセスと基本的な考え方を整理し、また、マーケットにおける土壌汚染地の実態や、近年日本でも企業が大きな関心を寄せ、実践活動を行っているSDGs・ESG投資と土壌汚染問題とのかかわりについても言及します。

セミナー終了後、大学の近くで講師の先生を交えて、セミナー参加者の懇親会を行います。
こちらも時間の許すかたはご遠慮なく是非ご参加ください(会費制4000円程度)。

以 上

お問い合わせ先

教務事務部 専門職大学院事務室
グローバル・ビジネス研究科(ビジネススクール/MBS)

駿河台キャンパス アカデミーコモン10階
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
電話 03-3296-2397~8

事務取扱時間
 月~金 15:00~21:00  土 12:30~18:00

※夏季期間や年末年始等は事務取扱時間が異なる場合がございます。「ニュース」にご注意ください。

Email:guroken◆mics.meiji.ac.jp
※◆を@に置き換えてください。