Go Forward

New Education Laboratory(2054教室)について

メディア支援事務室では、e-Learning や遠隔教育を発展・定着させるために、正規授業のほか、教育・研究にかかわるさまざまな取り組みを推進しています。
その一環として、より多様なスタイルの教育に対応する「New Education Laboratory(NEL,2054教室)」(定員48名)を設置しています。
2020年度からは、教員・学生のデバイスを授業に利用するBYOD(Bring Your Own Device)に対応した機器(WolfVision CYNAP)を導入し、
さらに、これまでのテレビ会議システムに加えて、教室の常設カメラやマイクをZoomで便利に利用できるよう整備をしました。

New Education Laboratory(2054教室) 教卓周辺の様子 (基本的なプレゼン設備のほかさまざまな機能を備えます) 教室全体の様子 (さまざまなスタイルの授業に対応できる設備を有しています)

概要と特徴

基本情報
場所 : 駿河台キャンパス 12号館5階 2054教室
名称 : New Education Laboratory(NEL)
定員 : 48名
机椅子 : 可動式・グループワーク等さまざまなスタイルに対応
教室設備 (プレゼン・TV会議・自動収録)
投影装置 : プロジェクタ、スクリーン、天吊液晶ディスプレイ(2台)
BYOD装置:WolfVision CYNAP
電子黒板:Ricoh インタラクティブホワイトボード
TV会議システム : Panasonic HDコム
授業自動収録システム : Mediasite Recorder
ワイヤレスマイク : ハンドマイク、ピンマイク
外部機器入力端子 : HDMIのみ

授業自動収録システムの活用

● 教育・研究に関することであれば、どのようなことにでも利用できます。
 ○ 授業、ゼミ、研究会、セミナー、シンポジウムの収録
 ○ お試し収録
 ○ 授業内容確認のための収録
 ○ 教材研究のための収録
● 大掛かりな撮影はちょっと、とお考えの先生方にも、お気軽にご利用いただけます。
● デジタルコンテンツ自動生成機能があります。講師映像、プロジェクタ投影内容などによる画面構成が可能です。

利用方法

教室の予約、利用のご案内等については、メディア支援事務室までご連絡ください。
電話 : 03-3296-4459
メール : meiji-ubiq-nel (at) ml.meiji.ac.jp
※ (at) はアットマークに置き換えてください。

教室の特性上また同機能をもった教室がほかにないことから、当面の間につきましては、当教室の設備・機材を有効活用される授業などについて優先的にご利用いただく形とします。