Go Forward

太田 勝造   明治大学法学部教授
【担当授業科目】法社会学

【経歴】東京大学法学部卒、同修士課程修了、法学修士、ミシガン大学日本法客員教授

【研究分野】法と社会科学、法と経済学、AIと法

【研究テーマ・活動実績】交渉論、ADR(裁判外紛争解決)、民事裁判論、弁護士論、裁判員制度研究、法システム研究など

【主な著書・論文】『裁判における証明論の基礎』(弘文堂)、『民事紛争解決手続論』(信山社)、『社会科学の理論とモデル 7:法律』(東京大学出版会)、『日本人から見た裁判員制度』(共編著、勁草書房)、ほか論文等多数