2017年度 公開レクチャー実施予定一覧

開催期間:2017年09月14日~2018年03月31日
明治大学 専門職大学院事務室

MBSでは、年間を通じて公開イベントを開催しています。
社会情勢に応じたタイムリーな内容の公開セミナーや、実務において最前線で活躍している特別招聘教授による講義、パネルディスカッション形式のシンポジウムなど実に多様です。全て無料です。お気軽にお申込みください。

<<参加申込方法>>
申込フォーム(←クリック)よりお申し込みください。
事情により日程変更等が生じた場合は、ホームページでお知らせします。
当日は念のため、本ホームページをご確認の上、ご来場ください。

特別招聘教授による特別講義(第5回)
日  程 2017年11月21日(火)18:55~20:25
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン8階308F教室
※前回までと教室が異なりますのでご注意ください。
講  師 加藤 弘貴 特別招聘教授(公益財団法人流通経済研究所 専務理事)
略  歴 1984年東京工業大学工学部卒業後,百貨店勤務を経て1988年に公益財団法人流通経済研究所へ入所。マーケティング戦略,流通チャネル戦略,サプライチェーンマネジメントの分野において主任研究員・理事として活躍しつつ,流通・マーケティングに関する調査・コンサルティングを行うほか,数多くの論文・著書を発表。現在は,同研究所の専務理事として政府や実業界に様々な提案を行っている。さらに中小企業診断士試験出題委員(2004年~2007年)を歴任し,立教大学(2004年~2007年),中央大学(2008年~現在)などで教鞭をとってきた。
内  容

『流通における製・配・販連携の現状・課題・今後の方向』 (全5回中第5回)

流通において,製(メーカー)・配(卸売業)・販(小売業)が効果的・効率的な垂直連携を実現することは重要な課題。食品・日用品流通の有力企業55社が参加し,講師が事務局を務めている「製・配・販連携協議会」の具体的な取組み内容を紹介しつつ,流通における製・配・販連携の現状・課題と今後の方向性を論ずる。全5回(11/10,11/17,11/21)の講義にて下記項目について報告・議論する。
(報告項目)
1.流通をめぐる環境変化・構造変化
2.製・配・販による垂直連携の意義
3.流通在庫最適化:食品ロス・返品削減
4.流通在庫最適化:日用品の返品削減
5.製・配・販による情報連携
6.流通における輸・配送効率化
7.商流・取引制度の改定方向
8.今後の展望/まとめ


第34回 企業活動と不動産基礎セミナー
日  程 2017年12月2日(土)17:00~19:30
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309B教室
内  容

テーマ1: 「CRE戦略の企業経営における在り方~『三種の神器』を中心に」
講師: 株式会社ニッセイ基礎研究所 社会研究部 上席研究員 百嶋 徹 先生

テーマ2: 「働き方はCRE戦略で変えられるのか?」
講師: ジョーンズ ラング ラサール株式会社 執行役員・明治大学専門職大学院兼任講師 佐藤俊朗先生

不動産セミナーの詳細はこちら(←クリック)をご参照ください。

その他 ・当日はお名刺をご持参いただき受付でお渡しください。
・セミナー終了後、大学の近くで講師の先生を交えセミナー参加者の懇親会を 
 行います。こちらも時間の許すかたはご遠慮なく是非ご参加ください
 (会費制4000円程度)。

第2回 MBSオープンキャンパス
日  程 2017年12月9日(土)14:00~17:00
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン8階308F教室等
内  容

研究科総合説明会
在学生による座談会
教員による個別相談会 等
オープンキャンパスの詳細はこちら(←クリック)をご参照ください。


その他、公開セミナー・講演会等、実施が決まり次第、随時ホームページにて情報を更新いたしますので、ご確認ください。

(関連情報)
明治大学ガバナンス研究科(公共政策大学院)の公開講座情報は
こちら(←クリック)


≪終了したイベント≫
第32回 企業活動と不動産基礎セミナー
日  程 2017年7月8日(土)17:00~19:30
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309B教室
内  容

テーマ1 : 「 マンションの終活~その現状と課題~」
講  師 :  旭化成不動産レジデンス(株)
         マンション建替え研究所主任研究員   大木祐悟 氏

テーマ2 : 「不動産テックの動向と展望」
講  師 : リマールエステート株式会社 代表取締役社長CEO,
        不動産テックビジネス研究会 代表研究員  赤木 正幸 氏

不動産セミナーの詳細はこちら(←クリック)をご参照ください。

その他 ・当日はお名刺をご持参いただき受付でお渡しください。
・セミナー終了後、大学の近くで講師の先生を交えセミナー参加者の懇親会を 
 行います。こちらも時間の許すかたはご遠慮なく是非ご参加ください
 (会費制4000円程度)。

第33回 企業活動と不動産基礎セミナー
日  程 2017年9月14日(木)18:30~21:00
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309B教室
内  容

テーマ1 「家賃と空室に関するモデリングと実証分析」
講師: 不動産金融工学研究所 代表  小林 秀二先生

テーマ2:「オフィスビル評価の精緻化ー『オフィスビル性能等評価・表示マニュアル』について」
講師:一般財団法人 日本不動産研究所 審査部長 川添義弘先生

不動産セミナーの詳細はこちら(←クリック)をご参照ください。

その他 ・当日はお名刺をご持参いただき受付でお渡しください。
・セミナー終了後、大学の近くで講師の先生を交えセミナー参加者の懇親会を 
 行います。こちらも時間の許すかたはご遠慮なく是非ご参加ください
 (会費制4000円程度)。

特別招聘教授による特別講義(第1・2回)
  程 2017年11月10日(金)
18:55~20:25,20:30~22:00(2時限連続)
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309A教室
講  師 加藤 弘貴 特別招聘教授(公益財団法人流通経済研究所 専務理事)
略  歴 1984年東京工業大学工学部卒業後,百貨店勤務を経て1988年に公益財団法人流通経済研究所へ入所。マーケティング戦略,流通チャネル戦略,サプライチェーンマネジメントの分野において主任研究員・理事として活躍しつつ,流通・マーケティングに関する調査・コンサルティングを行うほか,数多くの論文・著書を発表。現在は,同研究所の専務理事として政府や実業界に様々な提案を行っている。さらに中小企業診断士試験出題委員(2004年~2007年)を歴任し,立教大学(2004年~2007年),中央大学(2008年~現在)などで教鞭をとってきた。
内  容

『流通における製・配・販連携の現状・課題・今後の方向』 (全5回中第1・2回)

流通において,製(メーカー)・配(卸売業)・販(小売業)が効果的・効率的な垂直連携を実現することは重要な課題。食品・日用品流通の有力企業55社が参加し,講師が事務局を務めている「製・配・販連携協議会」の具体的な取組み内容を紹介しつつ,流通における製・配・販連携の現状・課題と今後の方向性を論ずる。全5回(11/10,11/17,11/21)の講義にて下記項目について報告・議論する。
(報告項目)
1.流通をめぐる環境変化・構造変化
2.製・配・販による垂直連携の意義
3.流通在庫最適化:食品ロス・返品削減
4.流通在庫最適化:日用品の返品削減
5.製・配・販による情報連携
6.流通における輸・配送効率化
7.商流・取引制度の改定方向
8.今後の展望/まとめ


特別招聘教授による特別講義(第3・4回)

日  程 2017年11月17日(金)
18:55~20:25,20:30~22:00(2時限連続)
会  場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン9階309A教室
講  師 加藤 弘貴 特別招聘教授(公益財団法人流通経済研究所 専務理事)
略  歴 1984年東京工業大学工学部卒業後,百貨店勤務を経て1988年に公益財団法人流通経済研究所へ入所。マーケティング戦略,流通チャネル戦略,サプライチェーンマネジメントの分野において主任研究員・理事として活躍しつつ,流通・マーケティングに関する調査・コンサルティングを行うほか,数多くの論文・著書を発表。現在は,同研究所の専務理事として政府や実業界に様々な提案を行っている。さらに中小企業診断士試験出題委員(2004年~2007年)を歴任し,立教大学(2004年~2007年),中央大学(2008年~現在)などで教鞭をとってきた。
内  容

『流通における製・配・販連携の現状・課題・今後の方向』 (全5回中第3・4回)

流通において,製(メーカー)・配(卸売業)・販(小売業)が効果的・効率的な垂直連携を実現することは重要な課題。食品・日用品流通の有力企業55社が参加し,講師が事務局を務めている「製・配・販連携協議会」の具体的な取組み内容を紹介しつつ,流通における製・配・販連携の現状・課題と今後の方向性を論ずる。全5回(11/10,11/17,11/21)の講義にて下記項目について報告・議論する。
(報告項目)
1.流通をめぐる環境変化・構造変化
2.製・配・販による垂直連携の意義
3.流通在庫最適化:食品ロス・返品削減
4.流通在庫最適化:日用品の返品削減
5.製・配・販による情報連携
6.流通における輸・配送効率化
7.商流・取引制度の改定方向
8.今後の展望/まとめ



「グローバル・ビジネス研究科 イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.