Go Forward

Commons-i ・ReadyStream(コンテンツ自作システム)

 学生の皆さんへ

 オンライン授業の講義映像を視聴するために、Commons-iのIDは必要ありません。
 教員がOh-o!Meiji内に講義映像へリンクを掲載します。
 そのリンクをクリックすることで、講義映像が視聴できます。
Commons-i プラットフォームは、デジタルコンテンツを簡単に制作し、その成果物を管理できるシステムです。
コンテンツの制作には「ReadyStream Producer」および「ReadyStream Studio」ソフトウェアを使います。
制作したコンテンツは、Commons-i のマイスペースに蓄積し、必要に応じて公開できます。
これらのシステムは、明治大学の教職員であれば誰でも利用できます。

プレゼンテーション・コンテンツを気軽に自作できます

ReadyStream Producer は、さまざまな形のプレゼンテーション・コンテンツを直接録画しながら制作できるソフトウェアです。
Microsoft PowerPoint のスライド資料があれば、その場でビデオ録画をしながら同時にスライド資料を同期化し、映像と資料を組み合わせたコンテンツを簡単に作ることができます。

  • 高価な機材は必要ありません。一般的なWindowsパソコンとWebカメラ、マイクがあればすぐに使えます。(最近のノートパソコンにはWebカメラやマイクが内蔵されていることもあります) 
  • 均一な色の背景(一般的に青や緑が多い)で録画することで、クロマキー効果(テレビ番組等でも利用される合成効果)を取り入れることもできます。
  • インターネット接続環境があれば、大学内だけではなく、自宅や研究室等、どこからでも利用できます。
  • 録画後に不要部分のカット等、簡易な編集を行えます。
ReadyStream Studio は、すでに録画済みのビデオ映像と資料を同期化してコンテンツを制作するソフトウェアです。
ReadyStream Producer で制作したコンテンツを読み込んで、より複雑な編集を行うこともできます。

制作したコンテンツを Commons-i 上で管理・公開できます

制作したプレゼンテーション・コンテンツは、Commons-i システム上にアップロードして保管します。
アップロード済みのコンテンツに専用のURLを付与し、公開することもできます。
公開範囲は任意に設定できます。(公開・非公開)
また Commons-i には、ReadyStream ソフトウェア以外で録画・制作した動画コンテンツも保管できます。

利用方法

利用申請

Commons-i には利用アカウントが必要です。(共通認証やMeijiMailのアカウント等とは別です)
初めて利用する方は利用申請が必要です。
オンライン授業でのCommons-i利用による教員アカウント発行については,所属学部・研究科・機構事務室にて利用の取りまとめを行っております。

ログイン

Commons-iにアクセスしてください。
右上の「ユーザーID」「パスワード」の欄にIDとパスワードを入力し「LOGIN」をクリックします。
ログインすると、コンテンツ制作ツールのダウンロードや起動ができるほか、マイスペースにアクセスできます。

制作ツールのインストールと起動

初めて制作ツールを利用するときは、制作ツールのインストールが必要です。
「マイスペース」から「コンテンツ制作」に移動し、「Producer」と「Studio」をダウンロードして、インストールします。
インストールが完了すれば、次回以降はこのページからすぐに起動できます。
(製品のアップデートがある際は、ツール起動時にメッセージが表示されます。指示に沿ってインストールしてください。)

サポート

メディア支援事務室では、Commons-i および ReadyStream Producer/Studio のサポートを行っています。
制作のための機材(Webカメラやマイク)の貸出や スタジオ利用、ソフトの操作に関することや、ご活用の方法等についてもご相談ください。
学習・研究内容の成果発表やプレゼンテーションの練習、授業コンテンツの作成、ガイダンスの補助教材等に幅広くご活用ください。

機材貸し出し(教職員)

eプレゼン・コンテスト

Commons-i プラットフォームを活用して、「eプレゼン・コンテスト」を2011年度から2016年度まで開催しました。
詳細は eプレゼン・コンテストのページをご覧ください。
お問い合わせ先

明治大学 情報メディア部 メディア支援事務室

電話 : 03-3296-4265 (内線60-4265)