Go Forward

先端数理科学研究科

(5月28日)先端メディアサイエンス専攻開設シンポジウム「インタラクション2046 ~メディアサイエンスがつくる新たな体験・知能・文化」

2016年05月06日
明治大学 先端数理科学研究科

先端数理科学研究科では2017年4月開設予定の先端メディアサイエンス専攻の開設を広くPRするため,以下のようにシンポジウムを開催します。
たくさんのご来場をお待ちしております。

「インタラクション2046 ~メディアサイエンスがつくる新たな体験・知能・文化」

開催日時 2016年5月28日(土)15:00 開演(14:30 開場)
場 所  明治大学中野キャンパス5階ホール 入場無料

2046年。物質・情報も区別がつかないほど、自然とテクノロジーが調和し融けている未来。
ロボットや3Dプリント技術によって、日常生活はまるで画面のように書き換え自由となり、バーチャルやリアルという言葉すら、なくなっている。
人類の「感覚」やその概念も大きく変容し、そのためのコンテンツも、今とは違うものになっているだろう。
本シンポジウムでは、「2046年におけるヒューマン-コンピュータインタラクション」をテーマに、30年先を見越した研究・産業・教育・文化のあり方を、先端の研究者たちが語る。

【講演者(敬称略・登壇順)】
  宮下芳明(明治大学)
  五十嵐健夫(東京大学)
  稲見昌彦(東京大学)
  落合陽一(筑波大学)
  梶本裕之(電気通信大学)
  後藤真孝(産業技術総合研究所)
  寺田努(神戸大学)
  渡邊恵太(明治大学)


 ◆ 特設ページは →こちら
以 上
明治大学大学院