Go Forward

コマツ タカノリ KOMATSU Takanori【詳細】
職格 専任教授
学位 博士(学術)
最終学歴 東京大学大学院
研究業績等 教員データベース
個人ホームページ tkomat-lab website
E-mail tkomat■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野) 認知科学,ヒューマンエージェントインタラクション,ユーザスタディ
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  ○

研究テーマ

シンプルな音情報やオノマトペによるユーザへの情報伝達手法の検討など

キーワード

オノマトペ,Artificial Subtle Expressions, モラルロボティクス

主な大学院担当科目

認知心理学特論

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

先入観や思いこみという制約から自由に思考するために,モノゴトを俯瞰する能力や技術の習得を目指します.

主な著書・論文

"Komatsu, T. (2016). How Do People Judge Moral Wrongness in a Robot and in its Designers and Owners Regarding the Consequences of the Robot’s Behaviors? In Proceedings of the 2016 IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (ROMAN2016), pp. 1168 -1171.

Komatsu, T., and Yamada, S. (2016). Can Monaural Auditory Displays Convey Directional Information to Users?, In Proceedings of the 38th annual meeting of cognitive science society (CogSci2016), pp. 930 – 935.

Komatsu, T., Prada, R., Kobayashi, K., Yamada, S., Funakoshi, K., and Nakano, M. (2015). Investigating Ways of Interpretations of Artificial Subtle Expressions Among Different Languages: A Case of Comparison Among Japanese, German, Portuguese and Mandarin Chinese, In Proceedings of the 37th annual meeting of the Cognitive Science Society (CogSci2015), pp. 1159 - 1164.

明治大学大学院