Go Forward

修士学位授与(統計)&論文タイトル

修士学位授与数

  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度  2017年度  2018年度
現象数理学専攻 9  9 9 5  4  17
先端メディアサイエンス専攻            57
ネットワークデザイン専攻            29

修士論文タイトル一覧

2018年度(2019年3月修了)
2017年度(2018年3月修了)
    【現象数理学専攻】
    •経済価値評価の下で持続可能な資本配賦原理
    •ベイズ推定を用いた地理的プロファイリング
    •我が国の上場企業における資本コストの推定とリスク要因への分解-ESG要因は企業価値に影響を及ぼしているか-
    •A Greedy Approach to Music Voice Separation Using Hidden Markov Models
2016年度(2017年3月修了)
    【現象数理学専攻】
    •周期外力を加えたバースティングモデルの位相同期現象について
    •学習アルゴリズムによる多重脱退モデル推定
    •確定給付年金における永久償却システムに関する研究
    •統計的に学習可能なジャズセッションの数理モデルの研究
    •数理モデルを用いた群れのシミュレーションとその解析
2015年度(2016年3月修了)
    【現象数理学専攻】
    •個体数の変化が協力行動に与える影響
    •残余収益モデルによる資本コスト推定-Lyle-Wangモデルの改良-
    •Fat Tailを有する株価収益率のベイジアンモデリング
    •多層界面方程式の導出とその性質-心室細動の応用へ向けて-
    •位相的結晶の標準的実現
    •日本プロ野球チームにおける選手評価手法の開発-読売ジャイアンツ野手の場合-
    •ERMの枠組みにおけるRAPM最適化に関する研究
    •自己重力が作用する圧縮性粘性ガスにおける不安定性解析
    •正多角形板のChladni図形
2014年度(2015年3月修了)
    【現象数理学専攻】
    •水害被害予測に向けた粒子法による衝撃波圧の定量化
    •超低金利環境下における金利期間構造モデルの推定
    •沈殿系に現れるスパイラルパターンの数理モデル
    •興奮系の進行スポット解の構成とスパイラル波の形成
    •粉粒体のHeaping現象に見られる対流の実験数理解析
    •Java Fork/Join Frameworkを用いた粗粒度並列処理コードの自動生成
    •資産配分モデルの精緻化とパフォーマンス比較
    •排出量データをもとにしたごみ政策の研究
    •位相幾何学的結晶理論について
2013年度(2014年3月修了)
    【現象数理学専攻】
    •錯視量の最適化に基づく錯視図形生成法とその応用
    •ハイプレインにおける多面体の実現性
    •避難時における出口周りの障害物の効果  
    •将棋プログラムSessaの開発 -Soft Confidence-Weighted学習による局面評価関数の生成法-
    •音楽理論GTTMのグルーピングの数理化による曲の境界の検出
    •ウェーブレット解析を用いた景気循環の山と谷の特定
    •牛取引情報を用いた口蹄疫の初期伝播モデルの設計と宮崎における流行への適用
    •植生から砂漠化への現象数理学
    •2次元興奮波の挙動に関する数理的考察
明治大学大学院