Go Forward

明治大学創立140周年記念事業募金

創立140周年記念事業募金について

募金概要

和泉キャンパス新教育棟(仮称)整備計画について

目  的  創立140周年記念事業(和泉キャンパス新教育棟(仮称)建設ほか)
募集期間  2022年3月まで
受付金額  個人:一口1万円 / 法人・団体:一口の金額は特に定めておりません。
※一口以上何口でも結構です。一口1万円未満のご寄付でもありがたくお受けいたします。

お申込み方法

インターネットからのお申し込み

クレジットカード・インターネットバンキングで決済いただけます

(外部の専用受付ページにリンクします)

専用払込取扱票によるお申し込み

各種金融機関窓口でお振込みいただけます

創立140周年記念事業募金の専用払込取扱票は、毎年1月と9月にお届けする『明治大学広報』に同封しております。

専用払込取扱票をご利用の場合、ゆうちょ銀行(郵便局)・みずほ・三井住友・三菱UFJ銀行の本支店窓口を通じてお振込みの場合、振込手数料はかかりません。
また、ゆうちょ銀行(郵便局)は、払込取扱票の読み取りが可能なATMを使った送金もご利用いただけます(この場合も振込手数料はかかりません)。
※銀行(信用金庫等含む)のATMを使った振り込みはご利用いただけませんのでご了承ください。

専用払込取扱票がお手元に無い場合はお送りします。
下記リンク先で必要事項の他、 【対象の寄付金:各種寄付金】をチェックし、【お問い合わせ内容】に「創立140周年記念事業募金の専用払込取扱票希望」と入力 してご請求ください。

顕彰制度(創立140周年記念事業募金へのご寄付累計額で対象となるもの)

教室顕彰プレートへの刻銘(個人・法人・団体 対象)

プレートイメージ(デザインは変更となる可能性があります)

教室の出入り口の横に、寄付者芳名を掲載した教室顕彰プレートを設置します
教室顕彰プレートは、該当される寄付者の芳名を連名でまとめて掲載いたします
法人、団体の場合には、法人名・団体名のみとさせていただきます
設置は、和泉キャンパス新教育棟がオープンした後になります(2022年4月以降)
創立140周年記念事業募金への寄付累計額で対象となります。

 

創立140周年記念事業募金オリジナル記念品(個人のみ対象)

【個人】累計50万円以上

オリジナル記念品イメージ

 創立140周年記念事業募金オリジナル記念品(ロゴ入りボールペン・ペン立てのセット)
※記念品は、変更になる場合もございます
創立140周年記念事業募金への寄付累計額で対象となります。

寄付者銘板への刻銘(個人・法人・団体 対象)

【個人】累計10万円以上 / 【法人・団体】累計20万円以上

(参考)創立120周年記念事業募金寄付者銘板

和泉キャンパス新教育棟に設置する寄付者銘板に芳名を刻みます
銘板の設置は、2022年4月以降の和泉キャンパス新教育棟オープン後になります。
創立140周年記念事業募金への寄付累計額で対象となります。

顕彰制度(創立140周年記念事業募金への1回ごとのご寄付額で対象となるもの)

座席芳名プレート(先着500席 個人のみ対象)

【個人】1回のご寄付で30万円以上

 新教育棟大教室兼ホール座席(500席分)に芳名プレートを設置します
・1名義1席(個人名義のみ)、先着500席となります。
1度に 30万円以上のご寄付で1席、60万円以上ご寄付の場合は2席となります(2席上限)。
・2席目は配偶者、ご家族等、掲載を希望する名義をお知らせください。
寄付累計ではございませんので、ご注意ください
・先着で限定です。上限に到達次第終了となりますのでご了承ください。
・設置は、2022年4月以降の和泉キャンパス新教育棟オープン後になります。
現在の受付状況(空席状況)は、この下に掲載の通りです。

◎十分なお席があります(2019年9月10日更新)※次回更新は9月24日頃の予定です


プレートイメージ(デザインは変更となる可能性があります)

取付イメージ(写真は和泉第一校舎211教室)

「明治大学広報」への芳名掲載(個人・法人・団体 対象)

【個人・法人・団体】全ての寄付者

 芳名と寄付金額を「明治大学広報」に掲載します。
ご希望により、匿名とすることも可能です。

税制上の優遇措置

明治大学への寄付金は、文部科学省より寄付金控除の対象となる 証明を受けております。

創立140周年記念事業募金へのご寄付も、税制上の優遇措置の対象となります

ご挨拶

明治大学は来る2021年に創立140周年を迎えます。本学が将来にわたり「新しい知の創造」及び「時代の要請に応える人材の育成」拠点であり続けるため、「世界へ-国際人の育成と交流のための拠点 世界で活躍する強く輝く『個』を育てる教育研究の実現」という理念の実現に向け、この創立140周年記念事業の一環として行われる、和泉キャンパス整備事業をはじめとする創立記念事業をに広く皆様からのご支援を募るため、「明治大学創立140周年記念事業募金」を開始しました。

理事長メッセージ

学校法人明治大学 理事長 柳谷孝

 1881年、志高き20代後半の3人の法律家により創立された明治大学。当時は江戸時代の終焉とともに日本の近代化が幕開けした激動の時代でありましたが、現在ではグローバル化社会を迎え、環境問題・資源問題など地球規模での難題に立ち向かうため、国を超えて互いに多様な繋がり
を築き、協同してゆく時代を迎えています。学生達がそうした時代の要請に応えてゆく力を獲得するには、先進的な教育研究を展開するための環境整備の一層の充実が求められています。次代を担う学生達が、未来予測の困難な時代を逞しく切り拓いていくための高度な専門性と国際通用性を本学で高め、グローバルベースで活躍できる人材へと大きく成長を遂げられますよう、多くの皆様方からのご賛同をお願い申し上げます。

学長メッセージ

明治大学長 土屋恵一郎

明治大学創立140周年記念事業は、建学の精神である「権利自由」「独立自治」を確認する良い機会です。2018年11月に「明治大学ダイバーシティ&インクルージョン宣言」を発表し、今後はこの記念事業の取組みとして、多様な背景を持つ学生に対して、適切な教育の場をどう提供していくか、検
討を進めていきたいと考えています。また、これまでの大学教育とは違う次元での「ラーニング・コモンズ」を実現したいと思います。学生がアクティブ・ラーニングなど自ら学びながら課題解決に取り組み、教員とフラットな立場でオープンな議論ができる教育環境を整える所存です。社会が求める声に対して、常にフロントラインに立ち、さらに教育・研究を「前へ」進めるためにも、皆様のご理解とご支援を深くお願い申し上げます。