Go Forward

生田新校舎募金にご協力のお願い

明治の先端研究の拠点、生田キャンパスが生まれ変わります

1950(昭和25)年に開設され、主に理系学部出身の多彩な人材を社会に輩出してきた生田キャンパス。このたび、同キャンパス75周年となる2025年の完成を目指して、学びの拠点となる「第二中央校舎(仮称)」を建設し、生田の自然豊かな特徴を生かしながらキャンパスを整備していくことになりました。
つきましては、「生田第二中央校舎(仮称)建設整備事業募金」の募集を開始させていただきます。明治大学発展のためにぜひ皆様からのご支援・ご協力をお願いいたします。

生田第二中央校舎(仮称)建設整備事業募金(略称:生田新校舎募金)について

募金概要



目  的  生田第二中央校舎(仮称)及びその付帯工事、その他の整備事業
募集期間  2022年9月~2025年3月(予定)
受付金額  個人:一口1万円  
      法人・団体:一口の金額は特に定めておりません。
※一口以上何口でも結構です。一口1万円未満のご寄付でもありがたくお受けいたします。

お申込み方法

インターネットからのお申し込み

クレジットカード・インターネットバンキングで決済いただけます。

(外部の専用受付ページにリンクします)

金融機関窓口でのお申込み

払込取扱票をご利用ください。
払込取扱票は、毎年1月と9月にお届けする『明治大学広報』に同封しております。
払込取扱票をご利用の場合、みずほ・三井住友・三菱UFJ銀行の各銀行本支店窓口をご利用の場合、振込手数料はかかりません。
ゆうちょ銀行(郵便局)は、窓口と払込取扱票の読み取りが可能なATMでお持ちのゆうちょ銀行口座から「通帳またはキャッシュカード」と「払込取扱票」を併用してお振込みいただいた場合のみ振込手数料はかかりません。
※2022年1月17日のゆうちょ銀行(郵便局)の料金新設・改定に伴い、払込取扱票を用いても現金でお振込みいただいた場合、寄付者様負担の加算料金(110円)が必要となりました。誠に恐縮でございますが、現金でお振込みいただく場合は、ご注意くださいますようよろしくお願いいたします。
払込取扱票の”各種寄付金”に〇を付け、略称欄に「生田新校舎」とご記入ください。
 
払込取扱票がお手元に無い場合はお送りします。
下記リンク先で必要事項の他、【対象の寄付金:各種寄付金】をチェックし、【お問い合わせ内容】に「生田新校舎募金の払込取扱票希望」と入力してご請求ください。

顕彰制度

明大広報増刊号への芳名掲載

寄付金額1万円以上(掲載対象期間の各基金・資金別)

芳名と寄付金額を「明治大学広報増刊号(秋・新春)」に掲載します。

生田新校舎募金オリジナル記念品(個人のみ)

累計50万円以上

内容は決定次第、本HP等でご案内します。

寄付者銘板への刻銘

【個人】累計10万円以上 / 【法人・団体】累計20万円以上

(参考)創立120周年記念事業募金寄付者銘板

生田キャンパス新校舎に設置する寄付者銘板に芳名を刻みます。
法人・団体の場合は、法人名・団体名のみの掲載となります。

ヒマラヤスギ寄付芳名プレート(個人のみ)

1度に30万円以上

ヒマラヤスギを用いた芳名プレートを新校舎内に設置します。
寄付累計ではございませんので、ご注意ください。
1度に30万円以上のご寄付でお一人様1枚まで、寄付名義の方を掲載させていただきます。
デザインは決定次第、本HP等でご案内します。

教室顕彰プレートへの刻銘

プレートイメージ(デザインは変更となる可能性があります)

教室の出入り口の横に、寄付者芳名を掲載した教室顕彰プレートを設置します。
教室顕彰プレートは、該当される寄付者の芳名を連名でまとめて掲載いたします。
法人、団体の場合には、法人名・団体名のみとさせていただきます。
生田新校舎募金への寄付累計額で対象となります。
個人・団体 法人 顕彰内容
累計100万円以上 累計500万円 小教室(4室)の教室顕彰プレートへ芳名を掲載します。
累計500万円以上 累計1000万円以上 中教室(7室)の教室顕彰プレートへ芳名を掲載します。
累計1000万円以上 累計2000万円以上 大教室(5室)の教室顕彰プレートへ芳名を掲載します。

税制上の優遇措置

 明治大学への寄付金は、文部科学省より寄付金控除の対象となる 証明を受けております。生田新校舎募金へのご寄付も、税制上の優遇措置の対象となります。
 
お問い合わせ先

大学支援事務室

電話:03-3296-4057・4059

Email:bokin@mics.meiji.ac.jp