Go Forward

学生教育研究災害傷害保険について

学生教育研究災害傷害保険(学研災)について

本学では,学生生活における傷害事故に備え,全学生を対象に「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」に加入しています。
保険料は全額大学が負担し,保険の対象となる傷害を被った学生には,この保険金を大学から「見舞金」として給付します。
なお,保険の種類はBタイプ(死亡保険金最高1,200万円)です。
不明な点は 【各キャンパスの学生支援事務室(中野は中野教育研究支援事務室)】までお問い合わせください。

※新型コロナウイルスの罹患は補償の対象外です。

※オンライン授業は「学校の正課という位置づけであれば補償対象となります。 
以下,遠隔授業を正課中と認めるにあたっての留意点 ↓
・授業担当教員の各授業ごとの指導計画(シラバス等)の下に実施されていること 。
・授業担当教員が,オンライン上での出席管理や,確認的な課題の提出などにより,当該授業の実施状況を十分把握していること。
・学生一人一人へ確実に情報を伝達する手段や,学生からの相談に速やかに応じる体制が確保されていること。
・大学等として,どの授業科目が遠隔授業等で実施されているかなど,個々の授業の実施状況について把握していること。
  (公共財団法人 日本国際教育支援協会HP抜粋)

※在学中の対象となる傷害であれば,治療が完了してから3年間請求することができます。ただし,原則として30日以内に保険会社への報告等が必要となりますので,早めに大学にご相談ください。
 
医療保険金の請求権は「被保険者が平常の生活を営むことができる程度に治った時,または治療日数が270日以上となった時のいずれか早い時」の翌日から起算して3年を経過した場合は,時効によって消滅します。(学生教育研究災害傷害保険普通保険約款 第25条,28条)
お問い合わせ先

学生支援事務室:03-3296-4212
和泉学生支援事務室:03-5300-1176
生田学生支援事務室:044-934-7579
中野教育研究支援事務室:03-5343-8058