Go Forward

高等学校在学中に日本学生支援機構奨学金の予約奨学生になった人へ(学部生向け)

2019年度新入生で,2018年度高等学校在学中に日本学生支援機構奨学金の採用候補(予約採用)となった方は,手続きに必要な書類を確認の上,指定されたキャンパスの奨学金係に提出してください。
※2017年度以前に高校で予約奨学生になり,今年度入学した人は,すでに予約が失効していますので,新入生申請受付期間(以下参照)に必ず新規で申し込みをしてください。

※関連リンク

提出書類

(1)奨学生採用候補者決定通知(出身高校で受け取ったもの)※あらかじめ住所・氏名・学生番号を記入しておいてください。
(2)学生証/学生証引換証 ※本人確認のため必ず必要となります。
(3)国の教育ローンを利用できなかったことについての申告書(対象者のみ※)
※対象者は,入学時特別増額貸与奨学金採用候補者です。
※対象者の「奨学生採用候補者決定通知」に「日本政策金融公庫の手続き必要」と記載されています。「奨学生採用候補者決定通知」をよく読んで,申告書を用意してください。
※申告書の提出がない場合は,入学時特別増額貸与奨学金を利用できません。
(4)自宅外通学の証明書(対象者のみ*)
*対象者は給付奨学金の採用候補者で,進学届にて自宅外通学を選択する方です。
 

予約採用者の書類受付日程表

キャンパス 期日 時間 提出先
和泉キャンパス 4月1日(月) こちらの案内をご確認ください
生田キャンパス 学生証受領後~4月8日(月) 8:30~11:00
12:30~16:30
生田学生支援事務室
奨学金係窓口
中野キャンパス 学生証受領後~4月8日(月) 9:00~11:00
12:30~16:30
3階事務室
奨学金係窓口

※4月7日(入学式当日)および休日は受付しません。

「進学届」の送信

上記(1)~(4)の書類を各キャンパス奨学金係へ提出し,大学固有のパスワードと入力の注意事項を受け取り,指定された期日までに各自でインターネットを通じて「進学届」を送信してください。

注意事項

上記の日程に奨学生採用候補者決定通知の提出をしなかった場合や,その後の「進学届」の送信を怠った場合は,予約採用の資格を失います。

奨学金受取から継続までの流れ

※スカラネットとは日本学生支援機構が運用している奨学金専用のインターネットサイトです。

4月 1.奨学生採用候補者決定通知

手元の「奨学生採用候補者決定通知」に住所・氏名・学生番号を記載します。

2.各キャンパス奨学金係へ提出

(1)奨学生採用候補者決定通知(2)学生証(3)国の教育ローンを利用できなかったことについての申告書(対象者のみ)(4)自宅外通学の証明書(対象者のみ)を提出します。

3.ユーザID/パスワードの受取

(1)大学固有のパスワード(2)入力の注意事項の受取
※書類に不備がなければその場で交付されます。

4.「進学届」の送信
(「スカラネット入力」※)

各自,インターネットで入力を行ってください。

4月/5月 5.奨学金振込開始

(4)の入力日により振込日が異なります。

入金日 5月16日予定
5月/6月 6.採用書類の受取

奨学生証・奨学生のしおり・返還誓約書/誓約書を各キャンパス奨学金係で受け取ります。

7.返還誓約書/誓約書の提出

返還誓約書/誓約書を作成し,期日までに各キャンパス奨学金係へ提出します。 期日までに提出しない場合,奨学金の振込停止後,採用の取消しとなり返金手続きが生じます。

7月/10月 8.在籍報告

給付奨学金のみ所定の手続き,提出書類があります。

12月 9.継続手続き

12月中に各キャンパス奨学金係で配布する継続手続き書類を受け取り,各自でインターネットより継続手続きを行います。(※以下参照)

※関連リンク