Go Forward

セト ヨシヤ SETO Yoshiya
職格 専任講師
学位 博士(農学)
研究業績等 教員データベース
専攻分野(研究分野) 生物有機化学、植物ホルモン、植物生理学
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  −

研究テーマ

植物ホルモンを始めとする生理活性物質の探索、およびその成長制御メカニズムの解明

主な大学院担当科目

生物機能化学特論

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

主な著書・論文

Seto et al,Carlactone is an endogenous biosynthetic precursor for strigolactones,PNAS,111,1640-1645,2014/ストリゴラクトン生合成研究の最前線(単著・『化学と生物』55,pp.237-239/2017)/Seto and Yamaguchi,Strigolactone biosynthesis and perception,Current Opinion in Plant Biology,21,1-6,2015

明治大学大学院