Go Forward

情報処理教室1~9

目次

・情報処理教室(1~9)のPCをご利用の際には、基盤サービス利用アカウントが必要です。
・各教室の最新の開室予定時間は、こちらをご覧ください。

情報処理教室1~9について

概要



中央校舎5,6階にある情報処理教室1~4並びにA館2,3階にある情報処理教室5~9は、PCを用いた授業に対応しています。これらの部屋は授業が優先ですが、授業時間外は自習室として開放しています。(一部の教室を除く)

開室時間

名称 場所 利用可能時間 【注意】
情報処理教室1~4 中央校舎5、6階 9:00~18:50 (月~金)
情報処理教室5~9 A館2、3階 9:00~18:50 (月~金)
【注意】 
・大学の休暇期間中や年度末は開室時間がこれとは異なります。 掲示板や当ウェブサイトの「ニュース」にご注意ください。
・最新の開室スケジュールは
こちら からも確認できます。


設備

ハードウェア

情報処理教室1~9、教育用情報処理室



機種名 富士通  ESPRIMO Q556/R
CPU Intel Core i5-7500T (4コア、2.7GHz)
メモリ 8GB
CD/DVDドライブ 教師卓のみ
(学生卓には搭載されておりません)
ディスプレイ 21.5インチワイド (1980 x 1080)
インタフェース USB2.0 : 2ポート
USB3.0 : 4ポート
モノクロプリンタ RICOH IPSiO SP 6430
プロッタ(0603のみ) Canon iPF670

ソフトウェア

OS
PC起動時にOSの選択(Windows / CentOS)を行うようになります。
Windows10 OSの選択を行わなかった場合、標準で起動します。
CentOS7.5 OSを選択して起動します。
アプリケーション
オフィスソフト、プログラミング言語、画像処理等、さまざまなソフトウェアが利用できます。

詳しくは こちらをご覧ください。


授業支援システム - CaLabo LX -

教師卓PCから授業支援用のソフトウェア(CaLabo LX)を起動することにより、学生卓PCに教師卓PCの画面を転送したり、ファイルの配布・回収を行うことができます。


教室メディア設備

教室メディア設備、座席レイアウトについては下記をご覧ください。