Go Forward

キャンパスストレージシステム

【重要なお知らせ】
2019年3月11日にシステムを更新しました。

旧システムとの主な変更点については、こちらをご覧ください。
目次

キャンパスストレージについて

キャンパスストレージ概要図

「キャンパスストレージシステム」とは、学内ネットワーク(MIND) で利用できるWindows ファイルサーバです。
このシステムの総記憶容量は150テラバイトです。
研究室や実験室内のコンピュータから、キャンパスストレージシステムを共有ファイルシステムとして設定することにより、研究室メンバー間でのファイル共有をおこなうことができます。
また、SSL-VPN接続を行うことにより、自宅等のコンピュータからキャンパスストレージシステムにアクセスすることもできます。

さらに、「 Webファイルアクセス」により、Webブラウザを用いてキャンパスストレージシステム上のファイルにアクセスすることもできます。


利用方法

キャンパスストレージの利用は、研究室のフォルダ単位となっています。
各研究室のフォルダには、そのフォルダをアクセスすることができるグループメンバーを定義する権限をもつ「管理者」が定められています。「管理者」はWebブラウザを用いて管理作業を行います。その際、生田メディア支援事務室から配布される「 管理者用アカウント」が必要です。

さらにキャンパスストレージを利用する研究室のメンバーは、ファイルアクセスの際に「 基盤サービス利用アカウント」が必要です。

利用方法につきましては下記マニュアルをご覧下さい。

また、研究室フォルダ名や管理者用アカウント等の情報は、生田メディア支援事務室までお問い合わせください。
(生田キャンパスに、2008年以前からある研究室については、既にフォルダは作成済です。 それ以降に新しくできた研究室は、「 キャンパスストレージシステム利用申請書」の提出が必要となる場合があります。)


マニュアル

ストレージシステム利用ガイド Windows 8版  キャンパスストレージシステムを利用するまでの手順書です。
ストレージシステム利用ガイド MAC OS X版
グループメンバー管理操作ガイド  研究室のメンバーを「研究室グループ」に追加・削除するための手順書です

グループメンバー管理システム説明会資料

ルータ経由で利用する際の注意

 研究室にブロードバンドルータを導入している場合、その配下にあるPCからキャンパスストレージシステムに接続しようとすると、

「ネットワークパス \meiji-cist\mass が見つかりません」

というエラーメッセージが表示されてしまい、接続できない場合があります。

このような場合は、以下のようにブロードバンドルータのセキュリティに関する設定を変更してください。
(以下の操作は、Buffalo BBR-4HGの例です。)

  1. Webブラウザでブロードバンドルータの設定画面をオープンします。
    (手順は付属の説明書を参照してください。)
  2. [アドバンスト]をクリックします。
  3. 左のメニューより次の項目を順に選んでいきます。
    ネットワーク設定→パケットフィルタ
  4. 画面の項目のうち、
    パケットフィルタ情報→簡易ルール→NBTとMicrosoft-DSのルーティングを禁止する
    にチェックが入っていますので、これをはずしたのち、[設定]をクリックします。