Go Forward

ファイル転送ツール(WinSCP)でホームページを更新する方法

ここではフリーウェアソフトのファイル転送ツール
「WinSCP」を利用してご説明致します。
ダウンロード https://winscp.net/eng/download.php

大学外(ご自宅等)から行う場合であっても、VPN接続は不要です。
※SFTPプロトコルを使用する為

  1. ソフトを起動します。すると、「ログイン」画面が表示されます。
    以下の図のように「新しいサイト」を選択し、
    「転送プロトコル」「ホスト名」「ユーザ名」を入力し、「保存」を押します。
    転送プロトコル SFTP
    ホスト名 samba00.mind.meiji.ac.jp
  2.  

  3. 「セッションの保存名」画面が表示されます。
    「セッションの保存名」を任意に設定(よく分からなければ、そのまま)し、「OK」を押します。
  4.  

  5. 再度「ログイン」画面が表示されます。
    1つ前の手順で設定した「セッションの保存名」と同じ名前
    (=ここでは「samba00.mind.meiji.ac.jp」)を選択し、「ログイン」を押します。

     
  6. 初めてログインする時、「不明なサーバーに接続し、そのホスト鍵をキャッシュに追加しますか?」と表示されます。「鍵の詳細」が以下の図と同じである事を確認できれば、「はい」を押します。

     
  7. 「ユーザ名」画面が表示されます。
    基盤サービス利用アカウントのユーザ名を入力し、「OK」を押します。
    すると、「パスワードの入力」画面が表示されます。
    基盤サービス利用アカウントのパスワードを入力し、「OK」を押します。


    ※基盤サービス利用アカウントがよく分からなければ、明治大学のアカウントを参照
  8.  

  9. ローカルPC(=自分のPC)側、サーバー側のファイル・フォルダーが表示されます。
  10.  

  11. サーバ側の「/home/xxxxxxxx(例 ex123456)/」内に「public_html」または「local_html」フォルダを作成します。
    作成手順は以下の図。
      「新規」→「ディレクトリ」を押し、
      「フォルダ作成」画面で「public_html」または「local_html」を入力して「OK」


    ※ホームページは「public_html」または「local_html」内にHTMLファイルや画像を転送しなければ表示されません。
     参考:public_htmlとlocal_htmlについて
    ※ここでは「public_html」を例としています。
  12.  

  13. サーバー側にpublic_htmlフォルダが作成されました。

     
  14. 作成した「public_html」フォルダをダブルクリックし、開きます。
    まだファイルなどは何も転送されていない状態です。

     
  15. 作成したHTMLファイルや画像を、ローカルPC側からサーバー側にアップロードします。
     = マウスでドラッグ&ドロップするだけで、自動的にコピーされます。

     
  16. 全てのファイルのアップロードが終わったら、「セッションの保存名」右にある「×」ボタンを押して切断します。

     
  17. インターネットからアクセスします。
    Google Chrome等のWebブラウザを起動し、表示の確認をしてください。
      「public_html」に転送した場合のURL → http://www.isc.meiji.ac.jp/~ログイン名/
      「local_html」に転送した場合のURL → http://local.isc.meiji.ac.jp/~ログイン名/

      ※トップページの「index.html」は入力しなくても省略できます。

    手順は以上です。

    ●public_htmlとlocal_htmlについて●
    ホームページを公開するためには、
    「public_html」もしくは「local_html」フォルダ内にHTMLファイルや画像を転送する必要があります。
    ■public_html : 学内・学外問わず、誰でも閲覧可能 
    URL : http://www.isc.meiji.ac.jp/~ログイン名/
    ■local_html : 学内ネットワーク(MIND)に接続しているパソコンからのみ閲覧が可能
    URL : http://local.isc.meiji.ac.jp/~ログイン名/
    学内限定閲覧ページを作成したい場合、「local_html」フォルダを作成し、転送してください。