Master of Public Policy, MPP

公共政策のプロフェッショナルを育成する公共政策大学院ガバナンス研究科

【公共政策大学院】西出 順郎 専任教授 NISHIDE Junro

受験生へのメッセージ

西出 順郎 専任教授 NISHIDE Junro

「実践なき理論は空虚であり、理論なき実践は無謀(盲目)である」。これは偉大な先達の至言として、しはしば紹介される言葉です。理論と実践をどう融合できるのか、その答えは簡単には導き出せませんが、仮に両者がパラレルであったとしても、車の両輪として同じ方向を目指すことができれば、互いの良い点をうまく吸収し、前進できるはずです。学生の皆さんには、本研究科での活動を通じ、その車を乗りこなす力量を身に着けてもらいたいと思います。

経歴

福井県庁職員、琉球大学大学評価センター准教授、岩手県立大学総合政策学部教授を経て、現職。早稲田大学大学院公共経営研究科博士後期課程修了。学術修士(経済学)・行政学修士(いずれもシラキュース大学マクスウェル行政大学院)、博士(公共経営)。総務省政策評価に関する有識者懇談会構成員、同省行政事業レビュー外部有識者会合構成員、文部科学省生涯学習調査官、日本評価学会副会長、地方行政実務学会理事、日本公共政策学会監事、元ワシントン大学エバンズ公共政策大学院客員研究員。専門は、政策(行政)評価および公共(行政)経営。

著書

著書には『政策はなぜ検証できないのか』(単著、勁草書房、2020)、『震災後の自治体ガバナンス』(共著、東洋経済新報社、2015)、『大学のマネジメント』(共著、玉川大学出版部、2011)、『公共部門の評価と管理』(共著、晃洋書房、2010)、論文には「行政職員集団と政策評価制度の論理に関する一考察」(『政策科学』、2020)、「復興政策の評価の実際:不透明な政策構造、不徹底な評価設計」(『公共選択』第71号、2019)、「自治体評価を振り返る:活かさず殺さずの20年」(『日本評価研究』第16巻1号、2016)、「政策評価制度の実効性に関する実証的考察」(『年報行政研究』第51号、2016)、「Public Administration Education in America」(共著、『大学評価研究』第12号、2013)、「政府部門評価の研究についての探索的考察」(『行政管理研究』第131号、2010)など。

担当科目

  • 公共経営研究
  • 政策評価研究
  • 政策研究Ⅹ-B(行政組織と人事管理)
  • 政策研究Ⅹ-F(計画行政研究)
  • 課題設定演習
  • レポート作成演習
  • TQM in Public Sector、Quality Management in Japanese Public Sector
  • Research Method 1

教員データベース(研究・業績等)

連絡先

nishide◆meiji.ac.jp ※◆を@に置き換えてください。