Go Forward

国際日本学部とは

 国際日本学部は,「『個』を強くする」人材育成を掲げる明治大学の教育理念に基づき,多面的に個人としての能力を高め,国際社会に貢献できる力を身につけて,広く国際社会で活躍できる人材の育成を目指しています。また,世界から注目される,日本の文化と社会構造に対する深い理解と,実践的な英語教育・日本語教育のよる優れた発信能力を有し,かつ自国文化・他国文化の両社に対する広範で柔軟な理解力を兼ね備え,グローバル化した現代社会において,「世界の中の日本」という視点に立って主体的に世界に価値ある情報を発信できる人材を育成します。

国際日本学専門科目の設置

 日本の産業・社会・文化の特質を深く知り,世界の文化・思想と国際関係を幅広く学ぶことを目的に8つの研究領域に科目を区分して構成します。これらの研究領域は国際日本学を学ぶ上で有機的に関連しており互いに切り離すことができません。どの研究領域の科目から何を履修するかは,各自の興味と研究テーマに則して自由に選択することができます。
 8つの研究領域の詳細については 学部ガイドをご覧ください。

少人数クラスでの実践的な英語教育

 英語の総合的なコミュニケーション能力を磨き,英語で自分の意見を表現し,情報を発信できる能力を育成します。1年次,2年次は英語能力試験の結果に基づいて習熟度別の少人数クラスで1年次に各期週6コマ,2年次にも週5コマという集中的な英語教育を実施します。また,英語の授業は専任のネイティブスピーカー教員を含む英語教育の専門家が担当します。
 国際日本学部の英語教育の詳細は こちらのページをご覧ください。

日本文化の基礎としての日本語教育

 国際日本学部は,英語による日本文化の世界への積極的な情報発信を目指しますが,それは決して日本語による国際交流・国際化を排除するものではありません。国際日本学部では,日本人学生・外国人留学生を問わず日本語教育を重視していきます。特に,外国人留学生が日本語の文化や社会について正確な知識と深い理解を得るためには日本語教育の充実が不可欠であると考えています。

国際教育交流の促進

 海外留学の経験は,国際的な視野の育成とともに外国語能力の向上のためにも重要でありますが,国際日本学部の学生にとっては,日本を相対化して捉え,日本研究をさらに深化させる契機としても大きな意義を持っています。そのためにも英語圏を中心に,短期留学も含めた多様な留学制度を整備し,正課授業の一環として海外留学の促進を図っていきます。
 国際日本学部の海外留学プログラムの詳細は こちらのページをご覧ください。

総合的な教育プログラム

 社会人文科学,ICT(Information & Communication Technology)など幅広く学べる総合教育科目,少人数の演習,第二言語などがきめ細かく用意されています。

多文化共生キャンパスの創成

 国際日本学部では多様な文化的背景を持った多くの外国人留学生を積極的に受け入れ,そうして形成された多文化コミュニティーの中で,国籍や民族などの違いを越えて共に学び,日常生活の中で実践的に外国語能力や異文化理解力を磨いていきます。