北京大学で「日本マンガ・アニメ文化先端講座」を開催

2014年01月22日
明治大学 中野教務事務室

 国際日本学部は2013年12月8日、中国の最高学府として知られる北京大学で、恒例の出張講座「日本マンガ・アニメ文化先端講座」を開催しました。
 この出張講座は、国際日本学部と北京大学外国語学院日本文化部との共催で2010年から毎年開催しており、いずれの回も好評を博しています。

 第5回となる今回は、アニメ、映画、CMなど幅広い分野の楽曲を手掛け、中国でも多大な人気を得ている作曲家・音楽プロデューサーの菅野よう子氏を講師に迎えて開催。本学の飯田和人教務担当常勤理事、長尾進副学長、白戸伸一国際日本学部長、北京大学の呉志攀常務副校長の他、在中国日本大使館公使ら来賓も列席しました。

 ミュージックイベントのプロデュースもしてきた菅野氏は、聴衆との盛んなやり取りとともにピアノを使った実演を織り交ぜながら、CMやアニメの音楽制作について講演を行い、300人を超える聴衆で溢れた会場は熱気と感動に包まれました。

 また菅野氏の講演後には、国際日本学部の宮本大人准教授による、日本アニメにおける音楽の重要性やアニメと音楽の関係の変遷の解説も行われ、その中で菅野氏の功績を浮き彫りにするなど、今回の講座も盛況のうちに終了しました。

「国際日本学部 ニュース一覧 2013年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.