Go Forward

伊藤 氏貴 ITO Ujitaka

 ITO Ujitaka
職格 教授
学位 博士(藝術学)
最終学歴 日本大学大学院藝術学研究科
研究業績等 http://gyoseki1.mind.meiji.ac.jp/mjuhp/KgApp?kojinId=080070
E-mail ujjiiito■meiji.ac.jp (■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野) 文芸メディア専攻 現代における文藝思潮

研究テーマ

いわゆる「文学の終焉」と「藝術の終焉」とのかかわりはどこにあるのか。そしてそこに「自我の終焉」がどう関係するのか。

キーワード

アイデンティティの終焉,藝術の終焉,恋愛の終焉

主な担当講義

表現・創作Ⅰ,Ⅱ / テクスト研究

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

「読む」よろこびは,なにも書物を読むことに限られません。映画も音楽も,また時代や街さえも「読む」ことができます。しかし,そうした〈読みの力〉は,対象がなんであれ「ことば」に依るのであり,そのためにはまず「ことば」そのものを読むことが不可欠です。さまざまなものを読むよろこびを得るために,まず書物に耽溺してください。

主な著書・論文

『告白の文学』 鳥影社 2002
『名作は隠れている』(共著)ミネルヴァ書房 2009
『奇跡の教室』 小学館 2010
『美の日本』明治大学出版会 2018
『同性愛文学の系譜』 勉誠出版 2020
「自我からの逃走ー現代文学における〈私〉とは」『文學界 2007年4月号』文藝春秋
「一葉—その視線の圏域」『国文学 解釈と教材の研究 2004年8月号』學燈社

出身地

千葉県

趣味・特技

楽器(バイオリン,ビオラ)演奏