Go Forward

加藤 尚子 Shoko Kato

 Shoko Kato
職格 教授
学位 博士(コミュニティ福祉学)
最終学歴 立教大学,立教大学大学院博士課程後期課程
研究業績等 http://gyoseki1.mind.meiji.ac.jp/mjuhp/KgApp?kojinId=110009
E-mail kato■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野) 臨床心理学、コミュニティ心理学

研究テーマ

心理コンサルテーション、虐待を受けた子どもの養育・心理療法、トラウマとアタッチメントの観点からの養育・心理療法に関する研究

キーワード

コンサルテーション,トラウマ,アタッチメント,児童虐待

主な担当講義

心理的支援法Ⅰ,臨床心理学実習,臨床心理学演習

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

生きることと学ぶことを、結びつけて学生生活を過ごしてください。援助に関する学問は、日々の生活全てが学びにつながります。知識と体験が重なった学びが一番確かなものです。

主な著書・論文

『虐待から子どもを守る』小学館、2017年
『施設心理士という仕事~児童養護施設と児童虐待への心理的アプローチ』ミネルヴァ書房、2012年
『対人援助のためのグループワーク1、2、3』(共著)誠信書房,2012年~2016年
『愛着障害と修復的愛着療法』 (共訳) ミネルヴァ書房 2005年
「児童養護施設における心理コンサルテーションの機能に関する研究—『心理コンサルテーション機能測定尺度』を用いた検討」(心理臨床学研究、31(4)、2013)
「児童養護施設職員のバーンアウトに関する研究~職員支援にもとづく被措置児童等虐待防止の観点から~」(明治大学心理社会学研究、第8号、2013)

出身地

愛知県

趣味

旅行,きのこ狩り,海外TVドラマをみること

文学部