Go Forward

問題分析ゼミナール(3年生)紹介[坂本 祐太]

明治大学情報コミュニケーション学部 分析ゼミナール(3年生)紹介
坂本 祐太 専任講師
(主要担当科目)言語学/談話コミュニケーション

≪学生へのメッセージ≫

 私たちの日頃のコミュニケーションと密接な関係を持つ「ことば」は、実は様々な不思議に満ち溢れています。ゼミでは「ことば」の不思議を分析する力を身につけ、自ら問題を発見し、解決してもらうことになります。学生の皆さんと一緒にゼミを作り上げ、様々な活動を行うのを楽しみにしています。
■研究テーマ
「ことば」の不思議を分析する力を身につける
■研究内容
「子どもは自然に自分の母語を獲得することができる」
 当たり前のことのように思われますが, 皆さんが小学校や中学校で始めた英語の勉強や大学での第二外国語の勉強と比較すると明らかなように, 子どもの母語獲得とは非常に神秘的なものです。「楽器を演奏する技術などとは異なり, なぜ意識的な努力が必要ないのか」「(重大な神経機能障害を持って生まれてくるなどの特殊な状況を除き)なぜ身につけられるか否かに個人差が生じないのか」など様々な不思議に満ち溢れています。本ゼミナールでは, 子どもの母語獲得に対して「ヒトには遺伝により生まれつき母語獲得のための仕組み(普遍文法)が与えられている」と仮定する生成文法理論の考え方及びその文法モデルを理解し, 私たちのコミュニケーションの主たるツールである「ことば」に見られる(特に文法と意味に関する)現象が自らの力で分析できるようになることを目標にします。また, 世界中の大学で標準的に使われている教科書(洋書)を精読し, 他の人にその内容を分かりやすく伝える訓練を通じて, 然るべき英語力を養うことも目標とします。
学生へのアドバイス
現時点での英語の得意不得意は不問です 。一緒に「ことば」の背景に隠れた奥深さを楽しみましょう。