Go Forward

フジテレビ×infocom

番組制作を通じてメディアリテラシーを実践的に身に着ける!


情報コミュニケーション学部では、株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)と共同で、番組制作を通じてメディアリテラシーを実践的に身に着ける授業科目「映像表現論」と「海外ロケ体験プログラム—国際交流(メディア)」を実施しています。

 
 

【映像表現論】



 テレビ番組制作を通じてメディアリテラシーを実践的に身に着ける「映像表現論」では、撮影方法や取材の段取りを学んだあと、学生たち自ら取材の交渉やインタビュー、撮影を行いVTRを制作します。
フジテレビの湾岸スタジオでのスタジオロケでは、プロのスタッフの方々の指導のもと、撮影機材などを使って番組を収録します。

     


 

履修学生は、キャスターとしての出演や番組やスタジオの進行を指示するディレクターやカメラマン、AD、ナレーターリポーターなど様々な役割分担を行い、テレビ番組制作に関わる沢山の人々の役割を体験します。

 

★過年度制作した番組はこちらから見ることができます。

【海外ロケ体験プログラム—国際交流(メディア)】



ニュージーランドのオークランドで行う海外ロケ体験のほか、メディアに関する事前講義や機材の扱い方の習得、そしてロケ終了後はフジテレビ湾岸スタジオの専用スタジオでの模擬番組制作をプロの番組ディレクターの指導の下で行います。番組制作の一連の作業をとおして、制作者の視点からメディアリテラシー(=テレビを見る目)を養うことを目指します。