横田ゼミ、ヒューマンライブラリーを開催!来場者数は延べ300人!

2017年12月04日
明治大学 中野教務事務室

開場直後、「本」の予約に並ぶ来場者の様子開場直後、「本」の予約に並ぶ来場者の様子

明大祭で大人気だった「暗闇カフェ」特別バージョン明大祭で大人気だった「暗闇カフェ」特別バージョン

毎年恒例「義足体験コーナー」毎年恒例「義足体験コーナー」

ヒューマンライブラリー終了後、ゼミ生と本の方でヒューマンライブラリー終了後、ゼミ生と本の方で

 11月26日(日)、中野キャンパスにて国際日本学部横田ゼミナールによる第9回ヒューマンライブラリーが行われました。ヒューマンライブラリーとは生きている人を「本」として参加者である「読者」に貸し出すイベントです。普段あまり話す機会のない人と対話をすることによって固定観念や偏見をなくすことを目的としています。

 毎年11月に開催している横田ゼミのヒューマンライブラリーは今年で9回目。来場者数は延べ300人で、1日での開催では日本最大規模であると言えます。今年度のテーマは「その1ページが人生(セカイ)を変える」。テーマカラーとして虹色を設定しました。世界はマジョリティとマイノリティに二極化されているわけではなく、全ての人がマイノリティの部分を持っています。それぞれの人が「自分らしさ」を持っているんだ、世界は虹色なんだ。そんなゼミ生の思いがこのテーマカラーには込められています。
 
 当日は11時の開場前から多くの人が列を成し、あっという間に本の予約が埋まっていきました。本との対話(読書)は原則1対1。30分間じっくりと対話をすることができます。今年の本は計32 冊で、カテゴリーは義足やLGBT、視覚障害者、ユニークフェイス、依存症経験者、全身タイツ愛好家など様々。読者も大学生から社会人、年配の方まで幅広い年齢層の方々にご来場いただき、老若男女問わず楽しめるイベントとなりました。

 当日は本の貸し出しの他に、低層棟5階ホールでの講演会や、各フロアにて様々な企画が行われました。明大祭の教室企画部門で見事2位を獲得した「暗闇カフェ」、義足体験、全身タイツ試着体験など滅多に体験することのできないイベントが盛りだくさんの1日でした。

 中野に本社を構えるKIRIN(株)様に協賛をいただきフリードリンクコーナーを設けるなど、地域と の関わりも欠かせない横田ゼミのヒューマンライブラリー。来年度は記念すべき第10回となります。普段関わることのない人々に会いに、中野キャンパスまで足を運んでみてください!

◆NHK「おはよう日本」で放送決定!
12月6日(水)放送のNHK「おはよう日本」にてヒューマンライブラリーが特集されます。春から長期にわたって密着取材を受け、今年度の横田ゼミの3年生がヒューマンライブラリーに向けて活動する姿や当日の様子が放送されます。ぜひご覧ください!

「国際日本学部 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.