Go Forward

国際日本学部

山脇ゼミ他4大学ゼミが東京都と協力して、「東京都多文化共生プレゼン・コンテスト」を開催します

2018年11月17日
明治大学 中野教務事務室

山脇ゼミのプレゼン・チーム山脇ゼミのプレゼン・チーム

プレゼン・コンテスト実行委員プレゼン・コンテスト実行委員

プレゼン・コンテストポスタープレゼン・コンテストポスター

明治大学国際日本学部の山脇啓造ゼミ他4大学のゼミと留学生チームの計5チームが組織した実行委員会の企画・運営による、東京都主催のプレゼンコンテスト「多文化共生都市をめざして-学生が考える東京の未来-」が、12月8日(土)に東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催されます。
(ポスター拡大は こちら

これは、東京都の人権啓発イベントとして、11月6日(火)、12月8日(土)~9日(日)に開催される「ヒューマンライツ・フェスタ東京2018」の一環として、電通ダイバーシティ・ラボ、NPO法人永徳堂の協力を得て実施されます。当日は、上記5チームが、東京を多様性が尊重され、優しさにあふれる都市とし、互いの文化や生活習慣を尊重できる「多文化共生都市」を実現するための効果的な取組に関して、プレゼンを行います。山脇ゼミのプレゼンチームのメンバーは、芦田祐夏、中村洋介、渡邊夏佳(以上3年)、片岡久美、呉汐菜、田端相実(以上4年)の計6名です。

今年で4回目を迎えるコンテストの実行委員長を務めるのは、山脇ゼミ3年の天野綾香さんです。天野委員長が「今年は4大学に加え留学生チームも出場し、より多様性のあるプレゼンが期待できます。5チームの半年間かけて練られてきた素晴らしい提案を実現に近づけるため、責任を持ってコンテストの運営をさせていただきます」と語るように、プレゼンを行う学生と運営を行う学生の全員がコンテストに向けて頑張っています。なお、実行委員会には、山脇ゼミから越田美波(副委員長)、奥澤絵理紗(資料)、村上優希(広報)の3名(すべて3年生)も参加しています。

<大学生による多文化共生プレゼンコンテスト>
日時 2018年12月8日(土) 13:30〜16:45 (13:00開場)
会場 東京国際フォーラム ホールD5
テーマ 多文化共生都市を目指して –学生が考える東京の未来-
主催 東京都
企画・運営 多文化共生プレゼン・コンテスト実行委員会、東京人権啓発企業連絡会
協力 東京ダイバーシティ・ラボ、NPO法人 永徳堂
参加費 無料
事前申込み制 11月22日(木)締め切り 以下、申込みフォーム
https://form.run/@hrf-tokyo-2018
ヒューマンライツ・フェスタ東京2018公式ホームページ  https://hrf-tokyo-2018.com/
Facebookページ  https://www.facebook.com/tokyopresen2015/

<参加チーム・テーマ>
・ 東京女子大学 松尾慎ゼミ「扉で繋がる多文化共生〜隔たりのないわたしとあなた〜」
・ 法政大学 松尾知明ゼミ 「One Love〜ゆるりんピックで開け多文化共生の扉!〜」
・ 明治大学 山脇啓造ゼミ 「Tokyo Borderless〜心の中の国境をなくそう〜」
・ 早稲田大学 山西優二ゼミ 「地域でつむぐ私たちの多文化〜共生の文化を作ろう〜」
・ 留学生チーム 「Dialogue in Multi-Culture〜『文化の氷山』に気づこう〜」


                   (国際日本学部3年 村上優希)