Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[藤本 由香里 FUJIMOTO Yukari]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
藤本 由香里 教授
 FUJIMOTO Yukari
(主要担当科目) 漫画文化論 / (Lecture) Manga Culture
(開講言語)日本語 / (Language) Japanese
■演習テーマ
サブカルチャー/ジェンダー/表現/社会

マンガ・アニメ・ゲームなどの日本のサブカルチャーはいったいどんな特性を持ち、世界の中でどのような現状にあるのでしょうか? また、歴史的にはどう発展してきて、それを生かしていくためには、どういうことが必要なのでしょう? この演習では、「大衆」によって支えられるがゆえに、その意識や社会の変化を反映しやすいサブカルチャーを題材に、その表現のあり方と社会意識や文化との関係を探っていきます。「文化」と「市場」両方に目を向けるところに特色があり、具体的には、日本のサブカルチャーの特性、歴史的な発展過程、海外市場をどう見るか、ジェンダーと表現などについて関連文献を読み、ディスカッションすることでそれぞれのテーマについて考えを深めていきます。その中で4年次の卒論のテーマをそれぞれが見つけ出し、調査→発表→ディスカッション→フィードバックによって、自分なりに何かが「見えてくる」ときの喜びに出会ってもらいたいと思います。
■授業内容
<3年次>
前期はこれまで、「日本の戦後とサブカルチャー」を縦軸に、「日本のサブカルチャーの特性」と変わりゆく「サブカルチャーと海外市場」、すなわち“クールジャパン再考”を横軸にディスカッションを行ってきました。戦後のアメリカ文化の急速な輸入、コンテンツ市場におけるアメリカの圧倒的優位性、その中での<アジア>諸国との関係、日本のサブカルチャーがアメリカを下敷きにしながら独自の発展をとげていく過程……。今年もその問題意識は継続しますが、同時に、応募者の関心に応じて読む文献やテーマを検討して行きたいと思います。後期は具体的な<仕事>と国際性、あるいは<現代史>について、マンガ・アニメ・小説・ドラマなどのコンテンツをベースに発表するといったことを考えています。

<4年次>
4年次においては卒業論文の準備、執筆がメインになりますが、ゼミ生の興味をにらみながら、文献講読や個人発表、グループ発表なども並行して行っていくつもりです。合宿や課外活動等については3年次のゼミ生や院生と一緒に行うこともあります。