Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[美濃部 仁 MINOBE Hitoshi]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
美濃部 仁 教授
  MINOBE Hitoshi
(担当科目) 日本の 哲学 / (Lecture) Japanese Philosophy
(開講言語) 日本語 / (Language) Japanese

■演習テーマ / Theme
哲学。(このゼミは、参加者がそれぞれ自分の関心にしたがい、あるいは自分の関心をさぐりつつ、自分をとりまく世界や自分自身の中に問題とすべきことを見出し、それをその根源にまで立ち戻って明らかにする——それが哲学ということですが——ということを中心におこなわれます。その準備として全員で一冊の本を読む、というようなこともしています。どのような問題にどのように取り組むかは各人の自由に任せられていますが、私がこれまで主に勉強してきたのは、哲学、宗教学、倫理学等ですので、専門家として助言ができる領域はそのあたりに限られています。)
■授業内容 / Activities
この授業は、参加者の哲学的関心に沿う形で進めます。ですから、予め「進め方」を細かく決めてはいませんが、ほぼ次のようなことを考えています。
<3年次>
 春学期のゼミの進め方については、最初の回に皆で相談して決めます。皆で少し難しい本を一冊読むというやり方もありますし、毎回参加者全員が、その週に本を読むなどして気づいたこと、考えたことを発表し、それについて意見交換をするというやり方もあります。夏休みまでに、自分の勉強のテーマを見つけることを目指します。
 秋学期には、自分の考えを組み立て、少しまとまった発表をする機会を設ける予定です。
 <4年次>
 論文の構成を考えたり、細部について議論したりしながら、勉強の成果をまとめるような形で授業を進める予定です。