Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[佐藤 郁 SATO Iku]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
佐藤 郁 講師 
SATO Iku
(担当科目) ツーリズム・マネジメント /  (Lecture) Tourism Management
(開講言語) 日本語 / (Language) Japanese


■演習テーマ / Theme
インバウンドツーリズム、観光による地域活性化

本演習の目的は、身近な観光という現象を通じて、世界の中の日本、日本から見た世界を知ること、そして観光の本質である「地域との関わり」への理解を深めることです。本ゼミでは学生が主体となり、地域や企業と連携したPBL(Project-Based Learning)型の学びを通じて、チームワーク、企画力、交渉力、プレゼン力(「想い」を伝える力)の習得を目指します。同時に、フィールドワークやグループワークを通じて、様々な立場や範囲から物事を多角的にとらえる視点を養います。
■授業内容 / Activities
<3年次>
 前半は、観光に関わる企業や行政機関と連携し、観光の地域での役割やターゲットに合わせた観光情報の発信の仕方について学びます。さらに、4~5名のグループ単位でフィールドワークを実施し、中野区の観光資源を発掘して、その魅力を観光情報サイトで発信してもらいます。
 後半からは、課題解決型のプロジェクト学習が中心となります。提示された課題に基づき、中野区で訪日外国人観光客を対象にしたプロジェクトの企画・立案をグループに分かれて行います。最後に、観光に関わる企業や行政機関の方々に向けてコンペ形式のプレゼンテーション大会を実施します。

<4年次>
観光に関するテーマを各自で設定し、最後にゼミ論をまとめる。全体で構想発表、中間発表および最終発表会を実施します。