Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[田中 絵麻 TANAKA Ema]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
田中 絵麻 専任講師
 TANAKA Makiro
(担当科目)  テクノロジーと日本社会 / (Lecture) Technology and the Japanese Society
(開講言語) 日本語 / (Language) Japanese


■演習テーマ / Theme

コンテンツ産業論・ICT政策論

 日本が抱える様々な課題に取り組んでいくに当たり、情報通信技術(Information and Communications Technology: ICT)の活用が期待されています。ただし、ICTの利活用においては、技術開発のみならず、企業の活動、社会的受容やその発展をささえる制度が不可欠です。本演習では、AI技術の導入も視野に入れつつ、ICT技術とプラットフォームがどのように社会を変化させているのかを、主にメディア産業やコンテンツ産業を対象として、日本と諸外国の比較の視点からアプローチし、公益に資するICTの活用とはなにか、また、ICT産業にかかる政策のあり方を考えることをテーマとしています。一次資料に基づく制度比較のリサーチ手法やデータ分析手法の習得を目指します。
 

■授業内容 / Activities
<3年次>
・通年:(予定)研究方法にかかるテキストの(Roger Tourangeau『ウェブ調査の科学』、
小林信重編『デジタルゲーム研究入門』等から指示)輪読。
・通年:関心テーマを設定・調査・報告し、全員でディスカッション。
・秋学期:個別テーマでの調査・分析を行い、ゼミ論(6000字-1万字)を作成・発表。

<4年次>
・主体的なテーマ設定のもと応用的なテキストの輪読と卒論(2万字程度)指導を行います。