Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[田中 絵麻 TANAKA Ema]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
田中 絵麻 専任講師
 TANAKA Makiro
(主要担当科目)  テクノロジーと日本社会 / (Lecture) Technology and the Japanese Society
(開講言語) 日本語 / (Language) Japanese


■演習テーマ / Theme
コンテンツ産業論

 日本が抱える様々な課題に取り組んでいくに当たり、情報通信技術(Information and Communications Technology: ICT)の活用が期待されています。ただし、ICTの利活用においては、技術開発のみならず、企業の活動、社会的受容やその発展をささえる制度が不可欠です。本演習では、AI技術の導入も視野に入れつつ、ICT技術とプラットフォームがどのように社会を変化させているのかを、主にメディア産業やコンテンツ産業を対象として、日本と諸外国の比較の視点からアプローチし、公益に資するICTの活用とはなにかを考えることをテーマとしています。

■授業内容 / Activities
<3年次>
・春学期:スコット・ギャロウェイ『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の輪読。
 グループでテーマを設定・調査・報告し、全員でディスカッション。
・秋学期:アレックス・モサド等『プラットフォーム革命』の輪読。
 個別テーマに取り組み、調査を行い、レポートを作成・発表。


<4年次>
・2019年度は開講しませんがより応用的なテキストの輪読と卒論指導を行います。