Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[ワルド, ライアン WARD, Ryan]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
ワルド, ライアン 講師 
WARD, Ryan
(主要担当科目)  比較宗教論 / (Lecture) Comparative Religious Studies
(開講言語) 日本語または英語 / (Language) Japanese or English

※この演習は、学生の希望があれば英語でも指導します。

■演習テーマ / Theme
「死」の日本宗教史

本ゼミの目的は、多角的な(歴史学的、人類学的、美術学的、宗教学的な)視点を用いて、古代から現代に渡る、日本の宗教史における「死」の意味合いとその歴史的変遷を共に考えることにある。また、日本に限定することなく、なるべく洋の東西(東アジア、インド、中東、ヨーロッパ、など)の宗教史についても考察範囲とし、より比較的な検討を行うように努めていきたい。

This seminar is intended for students who are interested in religious studies, mental health care, and questions concerning life and death. The seminar is primarily run by the students themselves: each week an individual student makes a 30-40 minute presentation which is followed by Q&A. The professor does show up, unfortunately, and also participates.
In past seminars students have dealt with topics concerning as Japanese religion, psychiatry, bioethics, religion and art, and cross-cultural comparisons of life and death.


■授業内容 / Activities
<3年次 3rd Year>
進行形式としては、日本の宗教史と「死」の基礎知識を学びつつ、事前に学生諸君に読んでおいてもらうべき学術論文を担当学生に簡単な要約をしてもらった上、ディスカッションをする。
The seminar is primarily run by the students themselves: each week an individual student makes a 30-40 minute presentation which is followed by Q&A. The professor does show up, unfortunately, and also participates.

<4年次 4th Year>
同上
Same as above.