Go Forward

演習(ゼミナール)紹介[渡 浩一 WATARI Koichi]

明治大学国際日本学部 演習(ゼミナール)紹介
渡 浩一 教授
  WATARI Koichi
(主要担当科目)  日本の文化伝統 / (Lecture) Japanese Cultural Traditions
(開講言語) 日本語 / (Language) Japanese
■演習テーマ / Theme
 「ニッポンの歴史と文化」をテーマとします。

日本の歴史と文化を国際日本学的な視野から見つめ直し、日本・日本人・日本文化について考えてみたいと思います。
ちなみに、渡の主な関心研究領域は、日本人の信仰と文化、外国人の見た日本・日本人、外来文化の日本的変容、日欧文化交流史などで、時代的には中世~近代(明治)と広く関心があります。研究のキイワードは江戸文化・日本人論・日本文化論・死生観・冥界観・日本仏教・家制度・唱導・絵解き・地蔵・地獄・子ども・南蛮文化・キリシタン・イソップ寓話・阿蘭陀人・和食などです。
■授業内容 / Activities
<3年次>
春学期はテキストを議論しながら輪読していきます。必要に応じて、議論を踏まえた発表・討論も随時行います。秋学期はそれを踏まえ、学生と相談しながら進め方を決めたいと思います。

<4年次>
春学期は、ゼミ論の構想を練り上げ、その執筆準備をしていってもらいます。秋学期は、ゼミ論の執筆とその中間報告をしてもらい、1月に提出してもらいます。