藤本 由香里 FUJIMOTO Yukari

フジモト ユカリ

職格
教授
最終学歴
東京大学
研究業績等
教員データベース
E-mail
yuka-rinda■nifty.com (■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
漫画文化論・ジェンダー論、少女マンガの発展過程・マンガの国際比較

研究テーマ

少女マンガに見る女性の意識の時代的変化、表現技法の発展史、マンガにおける性別越境表現、マンガの国際比較(流通条件や表現規制・著作権問題を含む)

キーワード

少女マンガ、マンガの国際比較、ジェンダーと表象

主な担当講義

漫画文化論

講義概要

いまや世界に広まりつつある日本マンガ。では、日本のマンガには他国と違うどういう特徴があるのでしょう。本講義では作品論・作家論の枠にとどまらない「文化としてのマンガ」を、多方面から捉えることを目的とします。前期ではまず、「表現としてのマンガ」の特性=マンガ表現論の視点と方法を、後期では世界各国の固有のマンガ文化と日本マンガ受容の実際、表現規制・著作権の問題、マンガの産業構造など、「社会の中でのマンガ」に光を当てます。

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

作品だけ見ていては日本マンガはわからない。多角的な見方を手に入れましょう!

主な著書・論文

『私の居場所はどこにあるの?』(朝日文庫・2008年)
『快楽電流』(河出書房新社・1999年)
『少女まんが魂』(白泉社・2000年)
『愛情評論』(文藝春秋・2006年)
「少女マンガの源流としての高橋真琴」(『マンガ研究』vol.11・2007年)

「専任教員一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.