Go Forward

大矢 政徳 OYA Masanori

オオヤ マサノリ OYA Masanori
職格 准教授
学位 博士(学術)
最終学歴 早稲田大学大学院
研究業績等 教員データベース
E-mail masanori_oya2019■meiji.ac.jp (■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野) 言語学(コーパス言語学、依存文法)

研究テーマ

依存文法の枠組みに基づいて、日本語と英語の統語構造を明示的・定量的に比較対照する研究を進めています。

キーワード

Dependency Grammar, parallel corpora, syntax

主な担当講義

英語学(English Linguistics)

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

"Ars longa, vita brevis." 人生は短いですが、学問や技術を習得するのには時間がかかります。つまり、人は学び続けなければなりません。大学生としての四年間が、学び続ける契機となることを期待します。

主な著書・論文

"Syntactic Divergence Patterns among English Translations of Japanese One-Word Sentences in a Parallel Corpus"
英語コーパス研究 (24) 19-40 2017年3月

"An English-Japanese bilingual corpus-based comparison of their syntactic dependency structures"
Proceedings of the 19th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics 69-70 2014年8月

"A Study of Syntactic Typed-Dependency Trees for English and Japanese and Graph-centrality Measures (Ph.D. dissertation)"
早稲田大学 2014年6月

"Treatment of Zero Pronouns in the Framework of Lexical-Functional Grammar"
Selected Papers from the 18th Conference of Pan-Pacific Applied Linguistics 2014年3月

"Treatment of Zero Pronouns in the Framework of Lexical-Functional Grammar"
Proceedings of the 18th Conference of Pan-Pacific Association of Applied Linguistics. 2013年8月

"Lexical-Functional Grammar and Dependency Grammar"
Information Communication Technology Practice & Research 2012 19-32 2013年8月

"Degree centralities, closeness centralities, and dependency distances of different genres of texts"
Selected Papers from the 17th Conference of Pan-Pacific Applied Linguistics 42-53 2013年3月
など