Go Forward

清水 有子 SHIMIZU Yuko

 SHIMIZU Yuko
職格 准教授
学位 史学博士
最終学歴 東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻博士課程退学(単位取得)
専攻分野(研究分野) 日本史学専攻 近世史(政治外交分野)

研究テーマ

おもに織豊政権期の政治外交や鎖国の形成過程をめぐる諸問題を取り上げ,とくにキリスト教伝来の影響に着目して,近世日本の世界史的位相を解明すること。

キーワード

近世日本史,対外交渉史,キリシタン史,織豊政権,徳川政権,統一政権,南蛮

主な担当講義

基礎演習A・B,演習Ⅰ日本史A・B,卒業論文A・B,史料演習A・B

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

「あの気になる歴史的事件はなぜ起きたのか」,「あのドラマに出ていた歴史上の人物は本当はどんなことをしたのか」,気になったことはありませんか?
 自分で調べ,考え,解明することのできる専門的な力を,授業を通して身につけていきましょう。

主な著書・論文

(著書)
共編著『キリシタン1622 殉教・列聖・布教聖省 400年目の省察』(川村信三・清水有子編、キリシタン文化研究会監修、教文館、2024年)
共著『近世日本のキリシタンと異文化交流』(大橋幸泰編、勉誠出版、2023年)
共著『岩波講座 世界歴史 14 南北アメリカ大陸:~17世紀』(安村直己編、岩波書店、2022年)
共著『キリシタン歴史探求の現在と未来』(川村信三編、教文館、2021年)
共著『国書がむすぶ外交』(松方冬子編,東京大学出版会,2019年)
共著『キリシタン大名』(五野井隆史監修,宮帯出版社,2017年)
共著『「近世化」論と日本—「東アジア」の捉え方をめぐって』(清水光明編,勉誠出版,2015年)
単著『近世日本とルソン—「鎖国」形成史再考』(東京堂出版,2012年)ほか
(論文)
「禁教期の日本宣教とコンフラリア規則の改定」(『明治大学人文科学研究所紀要』91、2024年)
「近世日本の形成と南蛮・キリシタン」(『日本史研究』726,2023年)
「豊臣秀吉政権の神国宣言—伴天連追放令の基本的性格と秀吉の宗教政策を踏まえて—」(『歴史学研究』958,2017年)
「イベリア・インパクト論再考—イエズス会の軍事的性格をめぐって—」(『歴史評論』773,2014年)ほか

出身地

東京都

趣味・特技

旅行,料理,音楽鑑賞,美術館巡り