Go Forward

竹内 理矢 TAKEUCHI Masaya

タケウチ マサヤ TAKEUCHI Masaya
職格 専任准教授
学位 Ph.D
最終学歴 ケント州立大学大学院

研究テーマ

アメリカ南部文学、モダニズム、フォークナー、失われた世代、比較文学

主な担当講義

米文学史A・B、英米文学演習(3年)A・B

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

文学作品を読みながら人間と事象の内奥に分け入り、英語を学びながら世界に開かれた視座を獲得しましょう。

主な著書・論文

○著書
『<交感>自然・環境に呼応する心』(共著、ミネルヴァ書房、2017)
『<日本幻想>表象と反表象の比較文化論』(共著、ミネルヴァ書房、2015)
『アメリカ文化 55のキーワード』(共著、ミネルヴァ書房、2013)


○論文
「『響きと怒り』、「聖家族」の崩壊—近代の顕現」(単著、『アメリカ文学研究』第53号、日本アメリカ文学会、2017)
「森との<交感>—フォークナーの「熊」、近代以前のまなざし」(単著、『<交感>自然・環境に呼応する心』、ミネルヴァ書房、2017)
「フォークナーと太宰治—近代と育ての〈母〉」(単著、『フォークナー』第18号、日本ウィリアム・フォークナー協会、2016)
「フォークナーと「近代」—「エミリーへの薔薇」、憧憬と回帰」(単著、『フォークナー』第17号、日本ウィリアム・フォークナー協会、2015)

出身地

千葉県

趣味

散策、読書

文学部