Go Forward

カリキュラムの特色

博士前期課程

キャンパスの様子

中野ブロードウェイ

 本研究科博士前期課程のカリキュラムは、主要科目と特修科目の2つの科目区分から構成されます。主要科目は、学生が選択した領域の指導教員から2年間にわたり個別指導を受け、自身の知的関心や問題を深める研究演習科目として位置づけています。特修科目は、それぞれの領域を学ぶ上で必要な課題を取り扱う講義科目として位置づけており、必修科目として「国際日本学総合研究」を設置しています。この「国際日本学総合研究」では、国際日本学研究そのものの理解と本研究科の基本コンセプトに関する共通認識の形成を目的としています。

 また、本研究科博士前期課程には、以下のような研究領域が含まれます。これらの研究領域は有機的に関連しており、互いに切り離すことができないところがあります。たとえば視覚文化やポップカルチャーの研究は、それを流通させる産業やメディア、あるいはそれが流通する社会やその文化のあり方の研究と切り離すことができません。また、グローバル化する文化や社会のあり方の研究は、多文化共生・異文化間教育の研究と切り離すことができません。基礎的な研究がそのような現代的問題の研究に貢献し、また逆に、現代的研究から基礎的研究が刺激を受けることが期待されます。
1)ポップカルチャー研究領域
 マンガ・アニメ・ゲームなどの現代日本文化の発展過程や現状、並びにそれらと都市やデザインにまたがるさまざまな現象を扱います。とりわけ「おたく文化」の秋葉原への集中的に見受けられるような、特定のスタイルやテイストの発生と、それに基づくコミュニティや場の形成に重心を置きます。また、サブカルチャーとみなされてきたものに大きくまたがるそれら文化のアーカイブ化と、保存・運用に関する実践的研究を行います。
2)日本企業・社会システム研究領域
 1990年代のバブル崩壊以降、日本の産業や企業は大きな変革の時代に突入しました。目覚ましいICT、AIの進歩と応用の拡大がある一方で、企業のガバナンスやコンプライアンスに問題が生じています。この研究領域では、(1)自動車産業に代表される世界的にも際立つ日本企業のものづくり・サービス創出システム(開発や生産など)と市場への発信システム(流通やマーケティング)、さらには流通と地域経済のあり方と、(2)現代日本の政治・経済・社会の動きを解明する鍵となる、日本社会における様々な制度やシステムの特徴と、その背景にある価値観や国民意識との関連性、という2つを主な課題としています。
3)多文化共生・異文化間教育研究領域
この領域では、多様な人々が共に生きる社会について研究します。
グローバル化の進展の中で、外国からの労働者や留学生そして移民など多様な文化背景を有する人々が増加しています。その結果、地域社会や学校、大学あるいは企業などに様々な変化が生じています。本領域では、そうした変化がもたらす課題を研究します。
また、外国人に関わる課題だけでなく、世代やジェンダー、生活背景の違いなどの多様性や、地域における多様な主体の協働のあり方も研究対象となります。
こうした多様性をめぐる様々な課題の中から、学生は特定のテーマを設定して研究を進めます。
4)日本語学・日本語教育学研究領域
 日本語を研究対象とする「日本語学」の分野では、日本語を歴史的に捉える通時的研究と、現代語など時代を限定してその時代の日本語をとらえる共時的研究が可能です。どちらの場合でも日本語の姿を、文字、語彙、文法、文章、運用、認識の仕方などの側面から解明します。
 日本語を外国語として教えるための研究をする「日本語教育学」の分野では、日本語に関する深い理解に基づいて、よりよい日本語教材や指導法を追究します。
5)英語教育学研究領域
 母語は無意識で習得できるのに、なぜ第2言語を習得するのは難しいのでしょうか。どうすれば効果的な英語教育を行うことができるのでしょうか。その答えを得るためには、応用言語学、社会言語学、心理言語学、認知言語学などの言語学の分野はもとより、言語政策やメディア研究、脳科学など様々なアプローチが可能です。その意味で、英語教育は学際的な分野です。最新の理論や知見、研究方法を学び、教育現場で実践できる力をつけましょう。
6)文化・思想研究領域
  広い視野の中に自分の関心を位置づけて研究をおこなうことを目指すところにこの領域の特徴があります。時代の区分、言語や宗教の違いを超え、文字文化のみならず視覚文化や身体文化にも注目しつつ、自分にとって本当に面白いもの、大切なものを探して行くのは、骨の折れることではありますが、楽しいことです。日本文化のほか、東アジア(とくに中国)・ヨーロッパ(とくにドイツ・フランス・英国)の文化に詳しい教員がいて、宗教思想・哲学・文学・絵画・彫刻・映画・演劇・武道・茶道、また庶民の文化等を対象として多岐にわたる研究がおこなわれています。
 
 

博士後期課程

教育課程編成の基本方針
 本研究科博士後期課程では、博士前期課程における研究領域の区分を無くし、学生が自らの関心にしたがって自由に領域を超えて学ぶことができる環境を整えます。博士後期課程で学ぶ学生の研究テーマは、より特殊で具体的なものとなりますが、それに伴って、より広い研究領域の知識が必要不可欠となるからです。
 指導教員のもとでの論文作成が、学生の研究生活の中心になるという点では、博士前期課程と博士後期課程の間に違いはありません。
カリキュラムの概要
 博士後期課程では、本研究科博士前期(修士)課程における教育研究を基盤としつつ、前述の教育編成方針に鑑みて、より広く深い研究を行うことを目指すべく、独自のカリキュラム編成を採ります。博士後期課程のカリキュラムは、必修科目と選択必修科目の2つの科目区分から構成されます。
 必修科目は、学生が選択した指導教員から3年間にわたり個別指導を受け、自身の知的関心や問題を深める研究演習科目として位置づけられています。選択必修科目は、それぞれの研究テーマを学ぶ上で必要な課題を取り扱う講義科目として位置づけられています。カリキュラム編成に関しては、2つの科目区分からの履修によって、学生が、選択した領域だけでなく関連する他領域についても有機的に学習できるように配慮します。
明治大学大学院