Go Forward

国際日本学部

山脇ゼミが小学校高学年向けの多文化共生ワークショップを11月21日に実施します

開催期間:2020年11月21日
明治大学 国際日本学部

前回ワークショップの集合写真前回ワークショップの集合写真

ワークショップ担当のゼミ生ワークショップ担当のゼミ生

山脇ゼミ(多文化共生論)は11月21日(土)に、小学5・6年生を対象とした「多文化共生ワークショップ」をオンラインで開催します。このワークショップは7月に実施したものと同内容で、対象となる小学5・6年生と大学生(山脇ゼミ学生)が一緒に、インドネシア出身の女の子と一緒に学校生活を送る場面を再現したオリジナルの動画を見ながら、ロールプレイを行います。途中、参加者に簡単なクイズに答えてもらったり、動画内で提示された課題にどのように対処すればいいのか、一緒に話し合う時間を設けたりしています。

*申込: https://peatix.com/event/1678705/view
ポスターはこちら

前回のワークショップには、全国、そして中国やカナダからあわせて30名を超える子どもたちが参加しました。参加者の保護者の方から、「たくさんの参加者、海外からの参加もあり、とても刺激のあるワークショップでした。これからも他文化への理解を深めると共に、人間として他者を認めることの大切さを胸に留め、成長してほしいと思っています」、「多文化共生をテーマに、年代や空間を越えて共に学び合う様子を拝見し、ポストコロナ期の新たな学びの姿を垣間見た感じがしました」といった感想をいただきました。また、当日の様子は、日本経済新聞や朝日小学生新聞でも紹介されました。

前回のワークショップの記事

山脇ゼミでは、2017年度から小学生向けワークショップを実施してきましたが、今年度、コロナ禍の中でオンラインでのワークショップの実施に力を入れています。本ワークショップを通して、これからのグローバル時代を生きる子どもたちのために、多様な文化を持った人々と共に生きる力を習得する場を提供します。