Go Forward

卒業論文テーマ

卒業論文テーマ

参考までに過去の主な卒業論文のテーマを紹介します。
バイロイト祝祭劇場の成立ーリヒャルト・ワーグナーの演劇改革ー
『リチャード三世』の魅力—「悪党」リチャードの考察
ウィリアム・サローヤンの戯曲作品における希望について
ワイルダーの人生観『我が町』と『危機一髪』
ジョン・ギールグッドの演技の変遷—『リア王』上演とグランヴィル・バーカーの演出による影響
メイエルホリド演出『森林』におけるグロテスク
イギリスのドラマ教育における可能性
役者と演技者—コメディア・デラルテに見る調和の演技術
スタニスラフスキーの「身体的行動の方法」—演技創造における俳優の心身をめぐって
ハイナー・ミュラーの劇世界—『ハムレットマシーン』に見る破壊と再生
メソッドアクティングの日本での有用性
『人類最期の日々』から知るカール・クラウスージャーナリズムと演劇の観点からひも解くー
白井鐵造と宝塚レヴュー
小林一三とその歌劇について
秦豊吉と宝塚歌劇団・日劇ステージショウ
劇団四季は何故、ミュージカル劇団になったのか
六条御息所—能『野宮』より
「たそがれ」の希求—『海神別荘』のユートピア
安部公房『友達』—男はなぜ殺されねばならなかったのか
寺山修司がラジオドラマで描くファンタジー—非日常の中の三人の男
早稲田小劇場と白石加代子—鈴木忠志の劇世界にみる狂気
井上ひさしが考える「現在」と「未来」—『組曲虐殺』を中心に
鬼面と鬼の両義性
戦前の東京喜劇の変遷ー菊谷栄とエノケンを中心にー