Go Forward

タカギ マサノリ TAKAGI Masanori
職格 准教授
最終学歴 明治大学大学院
研究業績等 教員データベース
専攻分野(研究分野) 商法、手形小切手法、電子記録債権法
大学院研究指導担当 博士前期  ○    博士後期  −

研究テーマ

商法・有価証券法の理論史研究

主な大学院担当科目

商法(保険・手形・海商)研究

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

最近私法の変動が激しいです。ご一緒に研究できれば嬉しいです。

主な著書・論文

「電子記録債権法12条に関する一考察」『法律論叢』87巻6号所収(単著、2015年、明治大学法律研究所)
『現代法入門』(共著、2010年、三省堂)
「手形の裏書における瑕疵と手形法16条2項」『法律論叢』78巻2・3合併号所収(単著、2006年、明治大学法律研究所)
「制限能力者の裏書と手形法16条2項」『法律論叢』78巻1号所収(単著、2005年、明治大学法律研究所)
『論点整理商法総則・商行為法』(共著、2005年、法律文化社)
『論点整理手形・小切手法』(共著、2003年、法律文化社)
「手形授受の当事者間における原因関係上の抗弁 -ドイツにおける議論を参考にして -」
『法学研究論集』8号所収(単著、1998年、明治大学大学院)

明治大学大学院