国際日本学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料閲覧はこちら

学内情報サービス

特別講義「アニメ・ネット配信ビジネスの今~Netflixの現場から~」開催のお知らせ

開催期間:2019年02月23日
明治大学 大学院国際日本学研究科

特別講義「アニメ・ネット配信ビジネスの今~Netflixの現場から~」のチラシ特別講義「アニメ・ネット配信ビジネスの今~Netflixの現場から~」のチラシ

国際日本学研究科ではこのたび、Netflix株式会社で日本コンテンツを担当する、ローカルプロダクションシニアプロデューサーの上木則安氏をお招きして、特別講義「アニメ・ネット配信ビジネスの今~Netflixの現場から~」を開講します。
学部生、学外の方も歓迎いたします。ぜひご参加ください。(入場無料、予約不要)

地上波テレビが圧倒的な存在感誇った時代から、テレビとネットの垣根がどんどん低くなる時代へ。WOWOW、スカパー!などの立ち上げにかかわり、Netflixの日本進出にあたっては、『デビルマン クライベイビー』の企画・配信を手掛けるなど、常に変化の最前線にいた講師が、Netflixの日本進出に代表されるアニメ配信ビジネスの現在(いま)を語ります。


アニメ・ネット配信ビジネスの今
~Netflixの現場から~

(チラシPDF)

 講 師: 上木則安氏
 日 時: 2019年2月23日(土)15時00分~17時00分
 場 所: 明治大学 中野キャンパス 高層棟3階 312教室
 コーディネーター: 藤本 由香里 教授

【講師プロフィール】
上木則安
1959年熊本生まれ。1983年東宝㈱入社後、日本衛星放送㈱(現WOWOW)、JSKYB(現スカパー!JSAT)、ワーナーブラザース/ローカルプロ、Netflix JAPANの立ち上げなどに参加。主なプロデュース作品に『教師びんびん物語』(1988~89、フジテレビ)、『テレビがテレビでなくなる日』(90年、WOWOW開局番組)。
ワーナーでの配給担当作品に『サマーウォーズ』『銀魂』『劇場版・新編魔法少女まどか☆マギカ』『アウトレイジ』などがあり、『るろうに剣心』シリーズでは製作も担当した。
その後、Netflixに移籍し、『デビルマン クライベイビー』『リラックマとカオルさん』等を企画・配信。実写ドラマ『深夜食堂TOKYO STORIES』『火花』ではエグゼクティブ・プロデューサーを務める。現在は独立し自身の会社で、引き続きNetflix向けアニメシリーズの制作や、映画、ドラマのプロデュース、海外の新規事業のコンサルなどに関わる。


 

「国際日本学研究科 イベント一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.