Go Forward

理工学研究科

【応用化学専攻】庄志さん(博士後期課程3年)が第9回世界バイオマテリアル大会でPoster Awardを受賞

2012年06月13日
明治大学 理工学研究科

 理工学研究科博士後期課程応用化学専攻3年の庄志さん(相澤守教授研究室)が、
第9回世界バイオマテリアル大会(2012年6月1日~6月5日 中国四川省成都市国際会議センター開催)で、
Poster Awardを受賞しました。

発表者:〇Zhi Zhuang, Midori Yumoto, Takuya Miki and Mamoru Aizawa
     (〇庄 志,湯本みどり,三木拓也, 相澤 守)

演題: Development of Hydroxyapatite Ceramics with Preferred Orientation to a-plane and Their
    Characterizations(a面に配向した水酸アパタイトセラミックスの開発とそのキャラクタリゼーション)

内容: 生体硬組織の無機成分はアパタイトです。そのアパタイトは配向性をもっていますが、
    人の骨と歯のエネメル質のアパタイトでは構造が異なります。
     本研究では、生体骨と類似した配向性を備えたアパタイトセラミックスの開発に成功し、
    その表面特性を明らかにするともに、骨芽細胞とセラミックスとの接着性について議論しました。
     この研究はバイオマテリアルの設計に配向構造を導入する先駆的研究であり、
    ポスター賞の採択につながりました。

 なお、第9回世界バイオマテリアル大会は、世界最大規模のバイオマテリアル分野の学会(今回57カ国から
3000件程の研究発表がありました)であり、4年に一度開催され、今回で9回目を迎えます。
 今回は、約1700件のポスター発表があり、その中から上位5%の発表者が有識者により選ばれ、さらに
Rapid Fire Presentation(5分間の口頭発表)により審査され、最終的に上位3%の発表者に当該ポスター賞
が授与されています。

関連ホームページ:
9th World Biomaterials Congress (9th WBC)  http://www.wbc2012.com/
理工学部応用化学科相澤研究室  http://www.isc.meiji.ac.jp/~a_lab/




 
明治大学大学院