理工学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

理工学研究科の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

理工学研究科

博士前期課程

 理工学研究科では、自然の法則と数理の仕組みを理解し、そこから創出される科学技術によって、人類の継続的な発展と幸福に貢献する、人間性豊かな高度専門職業人と研究者を養成することを目的としています。この教育目標を達成するために、以下に示す方針に基づきカリキュラムを編成しています。
○ 大学院生は、所属専攻の主要科目の中から専門分野の専修科目を選定し、指導教員による研究指導のもとで研究課題に取り組むことにより、科学的な思考能力と、自ら問題を発見しそれを自らの発想で解決できる能力、およびその方法論を身につける。
○ このカリキュラムでは、各専攻に設置した科学技術に関する特修科目により、当該分野における専門的な学力が修得できる。さらに、全専攻に共通する広域的なテーマや学際領域に関わる授業科目がバランスよく配置され、科学技術を社会との関わりの中で捉える広い視野と、境界領域や新しい分野をも開拓しうる柔軟性が育成される。

博士後期課程

 理工学研究科では、自然の法則と数理の仕組みを理解し、そこから創出される科学技術によって人類の継続的な発展と幸福に貢献する、自立した研究者と高度専門職業人の養成を目的としています。
 そこで、博士後期課程に在籍する大学院生は指導教員による研究指導のもとに専門分野における研究課題に取り組み、博士学位論文の完成を目指します。大学院生自らが主体的に研究テーマの設定、研究計画の立案と遂行、研究成果の発信を行い、専門分野における学識を深めるとともに、論理的な思考力、的確に問題点を把握し解決する能力を伸ばします。このカリキュラムにおける研究指導の目的は、学位論文を作成する過程を通して、自立した研究者あるいは高度専門職業人に必要な資質を身につけさせることです。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.