Go Forward

人材養成その他の教育研究上の目的

農学科

 農学科は、自然と調和を保った高度文明社会を実現させるために、「食料」と「環境」の分野で格段の貢献をすることを使命としています。本学科では、一般教育に裏付けされた知的基盤の上に確固とした倫理観・世界観を築いて俯瞰的・長期的視点から物事を洞察することができるよう、また、農学全般において問題点を発見し、それを解決する能力を効果的に身につけられるよう、系統的かつ幅広いカリキュラムと研究領域を設けています。本学科は、持続可能な社会を実現するために、新農業資源の開発や水・土地資源を生かした食糧の安定生産及び農村と都市の環境保全や緑の保全・創生などに関する最新の科学・技術を身につけて地域や国際社会で活躍できる人材を養成することを目的としています。

農芸化学科

 農芸化学科では、バイオテクノロジーと最新のサイエンスを融合した手法を用い、人間生活に関わりのある食品・環境分野の諸問題を解決するための教育研究を行っています。食品・環境分野において重要な健康・安全・保全を評価し高めるために必要な幅広い専門知識や実験技術を習得した人材の育成を目指しています。さらに、人間生活に密着したバイオサイエンスを通して、幅広い知識・技術、チャレンジ精神、高いコミュニケーション能力を有する人材の育成に努めています。積極的に行動し仲間を作り社会に貢献する人として成長し、将来社会をリードして活躍するための基礎力の養成を目標としています。

生命科学科

 近・現代における生産活動と社会の発展は、先進国における豊かな社会や快適な人間生活の実現に貢献した反面、地球温暖化等の多くの環境問題や資源の枯渇が危惧される状況を作り出しています。さらに、発展途上国を中心とした人口増加により、深刻な食糧危機が懸念されています。生命科学科は、生命活動を分子レベルで理解することを基盤として、動植物・微生物をこのような人類の直面する様々な問題の解決に活用することを目指します。ここの目的のため、本学科では動植物・微生物の生命活動に関わる生理・生化学的、分子生物学・分子遺伝学的研究を行うとともに、これらの生物を活用するためのバイオテクノロジーにかかわる研究を行います。また、このような研究活動を通じて、将来、生命科学分野で専門家として活躍する人材や、生命科学の素養と同時に広い視野と総合的な判断力を持った人材を育成することを目的としています。

食料環境政策学科

 近年、私たちの生存の根本にかかわる食料や環境をめぐって、地球レベル、地域レベルで様々な問題が発生しています。食料環境政策学科は、こうした食と農、環境と資源にかかわる問題を経済学、政策学、経営学、会計学、開発学等社会科学の側面から総合的に考究し、問題発生のメカニズムとその解決方法、政策等を解明することを目指しています。本学科ではこうした食料・農業、環境・資源にかかわる分野でその問題解決に取り組む人材の育成を目指し、そのために必要な、食料・農業問題や環境・資源問題をグローバルな視点で考える能力、問題発生の現場を重視し地域の視点から考え、問題解決に取り組む能力を養成することを教育の目的としています。