Go Forward

政治学科の教育理念

 政治学科は,社会の基本的枠組を決定する政治プロセス及びそれを支える社会の様々な状況を把握・分析する能力を育成し,幅広い視野と専門性を兼ね備えた学生を養成することを目的とする。とりわけ,グローバル化が進展する現代社会に対応するため,国際感覚を持ち,政治・社会に関する専門的な議論ができる学生を養成する。人材養成の観点からは,外国語能力に優れ,政治及び社会に関する分析能力を備えた人材を輩出する。

「政治の意義」を再確認する

■政治現象を分析する能力の開発

 政治学科における主要な研究テーマは「政治」ですが、それはいきなり政治の実践を説くことを意味しておりません。明治大学の政治学科では、事実に基づき、理論に裏付けられた、政治現象の分析を通して、政治の成り立ちやその過程を解き明かしていく、そうした能力の開発と向上を目指しています。皆さんが、社会の仕組みと変化を把握し、自分はどう行動するかの判断力を身につけるように、政治学科のスタッフは全力でサポートします。

■政治への多面的なアプローチの試み

 社会の諸現象から政治だけを切り離して考えることは意味がありません。政治を理解するには、歴史・制度・文化といった多様なアプローチを試みる必要があります。明治大学の政治学科には政治学を中心に、多彩な隣接分野が用意されています。これらの分野を併せて学ぶことにより、社会や人間行動に対する多面的な理解が可能となります。社会の現象は常に変化しますが、そこに通底する本質に迫ってこそ、役に立つ見方と言えます。

<学科長からのメッセージ>

政治学科長 井田 正道 教授
 大学で政治学科に入ると、まわりから「将来は政治家を目指しているの?」と聞かれることがあります。しかし、政治家になるために必要なことは「票を獲得すること」ですが、政治学は「票を獲得する方法」や「選挙運動の方法」を学ぶ分野ではありません。そして、デモクラシーのもとでは、政治家でなくとも我々自身が政治を左右する存在です。例えば、2016年のイギリス国民投票では有権者自らがEU離脱の意思を表明したことにより、世界中に衝撃を与え、その後のイギリス政治などに大きな影響を与えたことが記憶に新しいと思います。
 日本の中で政治学科を備えている大学はさほど多くはありません。政治学科は多くの場合、法学部に属していますが、本学の政治学科は政治経済学部の中での政治学科です。昨今の金融市場の動向をみてもわかるように、市場が政治的要因によって左右されることは少なくありません。政治と経済に関する知識・素養を幅広く身につけることは、皆さんが今後、社会で活躍するうえで大きな強みとなるでしょう。
 そのほか、政治学科のなかに社会学関連の科目も多く設置されており、政治的決定にも影響を及ぼしうる社会の構造や変化についての理解を深めることもできます。加えて、グローバル化が進行する今日の状況下でとりわけ重要度が高まった国際感覚の向上に向けて、高い外国語能力の養成や交換留学などに関する多くのプログラムも用意されています。このように政治経済学部の特徴は“幅広さ”にありますが、その中で何を学びのコアとするか、については学生の皆さんが自ら決定しなければなりません。それを決めるうえで重要なのが3年生と4年生にまたがる専門演習(ゼミナール)です、政治経済学部では多くのゼミナールがあり、それぞれ特色をもった教育が行われています。
 また、大学で学ぶことは教室の中だけではありません。和泉校舎、駿河台校舎の何れにも充実した図書館を備えており、図書館を上手に活用することも皆さんの知的成長に大きく寄与することになるでしょう。もちろん、われわれ教員も皆さんの成長を精一杯サポートします。