Go Forward

ウエダ バク UEDA Baku
職格 准教授
最終学歴 博士(文学・大阪市立大学)
研究業績等 教員データベース
専攻分野(研究分野) 日本古典文学・日本語学

研究テーマ

日本神話の構造と生成、古代の文献における日本語の運用

主な担当講義

日本文学、国語表現、原典講読、専門演習

主に1・2年生を対象とした授業では、教養としての日本文学・日本文化についての内容を教えています。また、大学生として必要とされる国語表現能力を習得するための授業も担当しています。卒論演習では、古今にわたる日本語の資料を「よむ」ことをテーマにしています。

講義概要をさらに詳しく見る(Oh-o!Meiji System)

「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

主な著書・論文

『古代日本神話の物語論的研究』(和泉書院)、「三嶋本『日本書紀』と『類聚国史』」(『文学史研究』56)、「三嶋本『日本書紀』と具書について」『論集上代文学』38

受験生・学生へのメッセージ

学びて思はざれば、すなはち罔(くら)し。
思ひて学ばざれば、すなはち殆(あやう)し。
調査と思考とが、大学での学びでの両輪です。